【世界一周】海外長期滞在時の「ヘアケア・ボディケア」

BEAUTY
スポンサーリンク

髪の毛はパサパサ、肌は日焼けしすぎてボロボロ。

海外で生活をしていたり、長期の海外旅行から日本に戻ってくると、いつの間にかこのような状況になっていた経験はありませんか?

水質や紫外線の違いなど、慣れない環境に髪の毛や肌はダメージを受けてしまうこともあるかと思います。

長期的な海外滞在であっても、ヘアケアやボディケアは気になる点を修復するだけではなく、リラックス効果を得られるなどの重要な役割を果たしていると感じます。

日本で生活しているときと全て同じケアをするには難しい点もありますが、後々後悔しないように出来る限りのケアはしたいと考えている方も多いかと思います。

今回は、私が実際に世界一周に持っていたヘアケア・ボディケアアイテムと、旅をした上でおすすめしたいと思えたアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

海外長期滞在で考慮したいこと

■硬水の地域が多い。
日本は多くの地域が軟水ですが、海外は日本に比べて硬水の地域が多いです。
シャンプーや石鹸が泡立ちにくく、髪の毛がキシキシしたり肌が乾燥しやすい影響があります。

■強い日差しを浴びやすい。
特に東南アジア・アフリカ・オセアニア・中米辺りは日本よりも紫外線が強い国が多いです。
屋外でのアクティビティに参加したり、ビーチで過ごすこともあるかと思いますが、油断せず紫外線対策をしっかりと行いましょう。

荷物はコンパクトにする。
シャンプーやボディクリームなどは現地でもほんどの場所で問題なく手に入るので、ビックサイズを持っていく必要性は感じませんでした。
日本では手に入りづらかったり、海外の方が安く手に入るアイテムもあるので、日本から持っていくものは必要最低限にしましょう。

スポンサーリンク

世界一周ヘアケア・ボディケアアイテム

私が実際に世界一周に持っていたアイテムです。

ヘアケアアイテム

シャンプー(メリットピュアン シンプル&リラクシング シャンプー 詰め替え用)
コンディショナー(メリットピュアン シンプル&リラクシング コンディショナー 詰め替え用)
荷物を軽くするために、詰め替え用の扱いやすいタイプを準備。
海外でも手に入りやすいので、トラベルサイズでも〇

トリートメント(ロレッタ うるうるしたい日のトリートメント)
上記のコンディショナーが無くなった後、現地で買ったシャンプーと一緒に使用。

■ヘアオイル(ロレッタ ベースケアオイル)
毎日のアウトバストリートメントとして使用。

ヘアワックス(N. ナチュラルバーム)
オーガニックなので、手に残った分はそのままハンドクリームのように使えます。

ヘアドライヤー(カシムラ misty マルチボルテージヘアードライヤー)
海外対応で冷風機能付きのコンパクトサイズ。
アメニティとして置いていないホステルは多いです。



ヘアブラシ(タングルティーザー)
旅中はヘアセットにかけられる時間も少ないので、ブラッシングだけはしっかりと。

速乾用ヘアキャップ(キャンドゥなどの100均)
ドミトリーで、夜遅い時間などのドライヤーを使いづらいときに活躍。

ボディケアアイテム

ボディソープ(ビオレu 詰め替え用)
荷物を軽くするために、詰め替え用の扱いやすいタイプを準備。
海外でも手に入りやすいのでトラベルサイズや、石鹸ケースを用意して固形石鹸でも〇

ボディクリーム(ロクシタン ローズベルベットボディミルク)
好きな香りを選んで、フレグランス替わりとしても〇
日々塗りながらマッサージをして、身体の疲れを取りましょう。

日焼け止め(ANESSA パーフェクトUV スキンケアミルク・NIVEA ウォータージェル×2)
海外で日焼け止めは取り扱いが少なく、使い心地も日本製が一番だと感じました。

ハンドクリーム(ロクシタン シア・シトラスヴァーベナ)
保湿だけではなくリフレッシュにも〇。手を除菌する機会も多いので必須アイテム。

ボディシート(ビオレ さらさらパウダーシート)
定番アイテム。欧米辺りでは、このような商品をほとんど見かけませんでした。

制汗剤(デオナチュレ ソフトストーンW)
本当に汗を抑えてくれるので、暑い季節に重宝していました。
制汗剤自体は海外でも取り扱いは多い印象です。

虫よけスプレー(ムヒの虫よけムシペールα)
ノンガスタイプなので、飛行機持ち込みも問題なし。

スポンサーリンク

おすすめ旅ヘアケア・ボディケア

クレンジングクリーム

泡が立たないヘア用のクレンジングクリーム
ひとつでシャンプー+コンディショナー+トリートメントの役割があります。
リンスインシャンプーよりも洗いあがった後にしっとり感があり、時短アイテムとしても最適。
個包装のものを数個持っていきました。
【おすすめ】
■ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリーオイル

ドライシャンプー

水を使わないシャンプー
空港泊やシャワー環境がないときにリフレッシュできます。
海外では定番ですが、日本でも最近はメジャーになってきていて商品も増えてきました。
シートタイプ・スプレータイプ・パウダータイプなどがあります。
【おすすめ】
■コーセー フレッシュケア ドライシャンプーシート(シートタイプ)
■資生堂 フレッシィ ドライシャンプー(スプレータイプ )
■LUSH ドライミー(パウダータイプ)

スチームクリーム

全身を保湿できる万能クリーム
様々なパッケージがあるので、お気に入りデザインを選ぶのも楽しいです。
荷物を減らしたい方にもおすすめです。

スポンサーリンク

海外でのヘアケア・ボディケアアイテム入手方法

ドラッグストア・スーパーマーケット

取り扱っているお店が多い印象なのは、下記のようなブランドです。
ヘアアイテム】ロレアル・VO5・パンテーン・シュワルツコフ
【ボディアイテム】ニベア・ダヴ・Dial・Aveeno

専門店

都市で店舗展開されている印象があるのは、下記のブランドです。
ロクシタン・THE BODY SHOP・LUSH
ロクシタンやVictoria’s secretは、地域によっては空港免税店にも店舗がありました。

 

海外でヘアケアやボディケアアイテムを購入するのは、私の旅の楽しみの一つでもあります。
思いがけず自分に合う商品を見つけた時は、なんだか得した気分になります。

海外長期滞在時もヘアケアやボディケアアイテムを楽しみながら、トライしてみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました