PR

【トルコ】カッパドキアからパムッカレへの行き方【夜行バス・飛行機/時間・料金】

中東
スポンサーリンク

※各施設の入場料や営業時間は、記載の内容より変更が生じている場合もあります。公式HP等で最新の情報をご確認ください。

    

トルコの人気観光都市であるカッパドキアとパムッカレ。

カッパドキアからパムッカレへ移動したい場合はバスや飛行機を利用することが一般的ですが、料金や所要時間が気になるところでしょう。

      

今回は「カッパドキアからパムッカレへのアクセス方法」をお探しの方に向けて、記事を作成しました。

    

▼ こちらの記事

・カッパドキアからパムッカレへの移動方法の比較【バス・飛行機】
・Metro社のバス移動(夜行バス)の詳細【バス料金・予約方法】

         

私自身もカッパドキアの町・ギョレメからパムッカレまで夜行バスを利用しましたが、快適に移動することができました。

世界一周の際、トルコへ訪れた経験をもとにご紹介します。

    

     

スポンサーリンク

カッパドキアからパムッカレへの移動方法の比較

まず、カッパドキアからパムッカレへのアクセス方法を比較します。

飛行機(空路移動)

短時間で移動が可能な空路移動は、短期旅行の方にとって一択となるでしょう。

■所要時間:最短3時間半~(約80分+乗り継ぎ時間+約60分)
■金額:6,000円前後~

※航空券代金は、出発日や予約タイミングで異なります。
※所要時間についても、利用便によって変動します。

カッパドキアの最寄りの空港は「ネヴシェヒル空港」「カイセリ空港」です。

【メリット】
・バスよりも身体への負担が少ない。
・利用便のスケジュールによっては、短時間で移動できる。

      

カッパドキア~パムッカレの直行便は、現在のところ運航されていません。 

カッパドキアからパムッカレへの直行便なし!イスタンブールなどで乗継が必要!

いずれの空港を利用してもパムッカレの最寄の空港である「デニズリ・カルダック空港」までは、イスタンブールでの乗り継ぎが必要です。   

バス移動(陸路移動)

お手頃な料金で移動できるのは陸路移動です。

■出発時間:19:30頃発
■所要時間:10~11時間ほど
■金額:2,000円前後(65~95トルコリラ前後)

※19時~20時頃に出発のバスが多いですが、バス会社によっては異なります。
※トルコリラの変動に伴い、バス運賃の金額は前後します。

【メリット】
・お手頃な料金で移動が可能。
・パムッカレの中心地に到着する。

    

バス大国であるトルコのなかでもカッパドキア~パムッカレのバスは、多くのバス会社や代理店で取り扱っている人気路線です。

さまざまなバスタイプがあり、飛行機のようにドリンクやお菓子の提供サービスを行っているハイクオリティなバスもあります。  

     

       

スポンサーリンク

カッパドキアからパムッカレへのバス予約

カッパドキアからパムッカレへのバス予約方法をご紹介します。

予約方法

ギョレメのバスターミナル(オトガル)へ直接訪れて、バスの予約をしました。

ギョレメのオトガルは町の中心にあり、小さな規模ですが複数のバス会社のカウンターが入っています。
多くの観光客や地元の人々が利用しています。

          

【ギョレメ バスターミナル】

       

混み合っていない日程だったので、利用日の午前中に予約しました。

ハイシーズンやトルコの祝日など
混雑が予想される日は、 前日までの早い段階で予約しておきましょう。

      

各バス会社ごとに、行き先や出発時間が記載され案内ボードが掲げられていました。
4社ほどのバス会社があるので、希望に合う会社を選びましょう。

           

    

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

予約内容【バス料金・利用シート】

私が予約したバスの詳細です。

予約したバス内容

■バス会社:Metro(メトロ社)
■バス料金:90トルコリラ(約2,000円弱)
■所要時間:約11時間
■カッパドキア(ギョレメ)出発時間: 19:30ごろ
■パムッカレ到着時間:06:30ごろ

※2018年9月利用時の情報です。
※トルコリラの変動に伴い、バス運賃の金額は前後します。

        

私は評判が良くて大手のバス会社である「Metro社」を選びました。

Metro社で運行しているバスは3列シート、または4列シートのバスが基本です。

■SUIT:3列シート(1列+2列)
■CLASS:4列シート(2列+2列)

ハイクオリティであると評判の良いSUITタイプを利用したかったのですが、カッパドキア(ギョレメ)~パムッカレはCLASSのみ運行していました。

       

▼ 長距離移動時にあると便利!

          

また、私はパムッカレで1日だけ観光した後にイスタンブールへ向かおうと考えていたのですが、ギョレメのバス受付でパムッカレからイスタンブールへのバスチケットも事前に購入することができました。

日帰りでパムッカレを訪れる場合、復路のバス予約もギョレメで可能!

      

予約時に座席の指定も可能です。
クレジットカードで支払い後、チケットを受け取りました。

        

    

スポンサーリンク

カッパドキアからパムッカレへのバス移動

バスを利用した当日の流れをご紹介します。

カッパドキア出発

出発当日はホテルをチェックアウト後、バスターミナルでスーツケースやバックパックなどの大きな荷物を預かってもらうことができました。

出発の時間まで、身軽な状態で動けるので助かります。

         

バス出発の15分前ぐらいに、バスターミナル(オトガル)に戻ってきました。 

バスのチケットはこちらです。

       

利用するバスが到着したら、乗り込みます。
4列シートですが車内はとて綺麗で、高級感のあるシートでした。

    

▼ 長距離バスでの貴重品管理におすすめ!

          

Metro社のバスは、車内でドリンクやお菓子のサービスがあります。

世界一周中は多くの国で長距離バスを利用しましたが、このサービスを行っているのはトルコだけでした。
長距離の移動であっても、このサービスがあることによって快適に過ごすことができます。

      

バスのタイプにもよりますが、Wi-Fiが使えるバスもあります。

     

デニズリで乗り換え

ギョレメを出発後は2~3時間おきに、お手洗い休憩を挟みながらパムッカレ方面へと向かいました。

そして、デニズリのバスターミナル近くの道路に朝6時過ぎ到着しました。
こちらでミニバンに乗り換えて、パムッカレへ向かいます。

          

【デニズリ バスターミナル】

      

バス下車後はドライバーさんが誘導してくれるので、特に難しいことはないかと思います。

パムッカレ到着

デニズリを出発してから約10分後、パムッカレには6時半ごろに到着しました。

     

Metro社の事務所前で、地図でいうとこの辺りです。

【パムッカレ 到着地】

        

明るくなるまで、Metro社の事務所で待つことができます。
パムッカレのホテルを予約している方は、もちろん移動しても問題ないです。

      

スーツケースやバックパックなどの大きな荷物がある場合
                    → Metro社の事務所で預かってくれます!

荷物を預かってくれるのかはバス会社によって異なるようですが、パムッカレでは宿泊せずに日帰りで観光するので助かりました。

       

パムッカレは小さな町で、事務所の周辺にはトルコ料理のレストランの他に日本食やアジア料理の飲食店があります。

Metro社の事務所からヒエラポリスまでは、徒歩で訪れることが可能です。

       

     

以上、「カッパドキアからパムッカレのアクセス方法」を紹介しました。

   

     

    

       

トルコへ訪れる際は、ぜひご参考ください。

         

     

          

タイトルとURLをコピーしました