トルコ・カッパドキアからパムッカレへのバス移動【比較】

中東
スポンサーリンク

    

トルコ観光の人気都市であるカッパドキアとパムッカレ。

      

世界一周やトルコ周遊を予定している方の中には、この2つの都市に訪れる方も多くいらっしゃることでしょう。

    

今回は、カッパドキアからパムッカレへのアクセス方法をお探しの方に向けて、記事を作成しました。

    

▼ こちらの記事

・カッパドキア ~ パムッカレ【移動方法の比較】
・M
etro社のバス移動(夜行バス)の詳細

         

私は世界一周の際に、カッパドキア(ギョレメ)からパムッカレまで、夜行バスを利用しました。

自分自身の実際の経験をもとに、ご紹介します。

    

     

スポンサーリンク

カッパドキア ⇒ パムッカレ 移動方法の比較

カッパドキアからパムッカレへの移動について、比較します。

飛行機(空路移動)

カッパドキア~パムッカレの直行便は、現在のところ運航されていません。 

     

カッパドキアの最寄り空港は「ネヴシェヒル空港」「カイセリ空港」です。

いずれの空港を利用しても、パムッカレの最寄の空港である「デニズリ・カルダック空港」までは、イスタンブールでの乗り換えが必要です。

       

スカイスキャナーで航空券比較検索

■所要時間:最短3時間半~(約80分+乗り継ぎ時間+約60分)
■金額:6,000円前後~

※航空券代金は、出発日や予約タイミングで異なります。
※所要時間についても、利用便によって変動します。

       

【メリット】
・バスよりも身体への負担が少ない。
・利用便のスケジュールによっては、短時間で移動できる。

      

バス移動(陸路移動)

トルコはバス大国です。

バスタイプは様々ですが、飛行機のようにドリンクやお菓子のサービスがあるハイクオリティのバスもあります。

カッパドキア(ギョレメ)~パムッカレのバスは、多くのバス会社や代理店で扱っている人気路線です。

■出発時間:19:30頃発
■所要時間:10~11時間ほど
■金額:2,000円前後(65~95トルコリラ前後)

※このぐらいの出発時間のバスが多いですが、他の時間帯を扱っているバス会社もあります。
※トルコリラの変動に伴い、バス運賃の金額は前後します。

      

【メリット】
・価格が安い。
・パムッカレの中心地に到着する。

     

スポンサーリンク

カッパドキア⇒パムッカレ Metro社(夜行バス)利用内容

カッパドキア~パムッカレのバス移動について、詳細をご紹介します。

      

※2018年9月に利用した際の情報です。

予約方法

ギョレメのバスターミナル(オトガル)に直接訪れて、バスの予約をしました。

         

ギョレメのオトガルは町の中心にあり、小さなスペースにバス会社のカウンターが入っています。

多くの観光客や地元の人々が利用しています。

          

【ギョレメ バスターミナル】

      

空席状況が問題なさそうだったので、利用日の午前中に予約しました。

ハイシーズンやトルコの祝日など、
混雑が予想される日は、 前日までの早い段階で予約しておきましょう。

      

各バス会社ごとに、行き先や出発時間が記載されたボードを置いてあります。
4社ほどのバス会社があるので、希望に合う会社を選びましょう。

      

予約内容【バス料金】

私が予約したバス移動の詳細です。

         

予約したバス内容

■バス会社:Metro(メトロ社)
■バス料金:90トルコリラ(約2,000円弱)
■所要時間:約11時間
■カッパドキア(ギョレメ)出発時間: 19:30ごろ
■パムッカレ到着時間:06:30ごろ

※トルコリラの変動に伴い、バス運賃の金額は前後します。

        

私は、評判が良くて大手のバス会社である、Metro社を選びました。

      

Metro社のバスは、下記のバスタイプが多くの路線で使用されています。

■SUIT:3列シート(1列+2列)
■CLASS:4列シート(2列+2列)

      

SUITを利用したかったのですが、カッパドキア(ギョレメ)~パムッカレはCLASSのみの運行でした。

       

また、パムッカレには1日だけ滞在して、そのあとはイスタンブールに向かおうと思ったので、
併せてパムッカレ~イスタンブールのチケットもギョレメで購入しました。

      

予約の際に、座席の指定も可能です。
クレジットカードで支払い後、チケットを受け取りました。

        

カッパドキア出発

出発当日は、ホテルをチェックアウト後、バスターミナル(オトガルに)で、スーツケースやバックパックなどの大きな荷物を預かってもらえます。

       

出発の時間まで身軽な状態で動けるので、助かります。

        

         

バス出発の15分前ぐらいには、バスターミナル(オトガル)に戻ってきました。 

      

バスのチケットはこちらです。

       

バスが来たら、乗り込みます。

4列シートですが、車内はとて綺麗で、高級感のあるシートでした。

       

また、Metro社のバスは、車内でドリンクやお菓子のサービスがあります。

バスのタイプにもよりますが、Wi-Fiが使えるバスもあります。

        

デニズリで乗り換え

ギョレメを出発してから、途中2~3時間おきに、お手洗い休憩を挟みながら、パムッカレ方面へ進んでいきました。

        

そして、デニズリのバスターミナル近くの道路に朝6時過ぎ到着しました。

こちらでミニバンに乗り換えて、パムッカレに向かいます。

          

【デニズリ バスターミナル】

      

バスを下車後にドライバーさんが誘導してくれるので、特に難しいことはないかと思います。

        

パムッカレ到着

デニズリを出発してから、約10分ほどでパムッカレには、6時半ごろに到着しました。

     

Metro社の事務所前で、地図でいうとこの辺りです。

【パムッカレ 到着地】

        

明るくなるまで、Metro社の事務所で待つことができます。

もちろん、宿を手配している方は、移動しても問題ないです。

      

スーツケースやバックパックなどの大きな荷物がある場合、
Metro社の事務所で預かってくれるので、観光中の心配がない!

       

他のバス会社でも、預かってくれるところはあるようです。

パムッカレを日帰りで観光する場合は、とても助かりますね。

       

パムッカレは小さな町で、事務所の周辺にはトルコ料理のレストランのほか、日本食やアジア料理の飲食店があります。

事務所からヒエラポリスまでは、徒歩で行くことが可能です。

       

        

         

以上、「カッパドキア~パムッカレの移動方法の比較」「バス移動の詳細」をご紹介させて頂きました。

       

       

快適な移動をして、トルコを漫喫しましょう。

         

        

          

タイトルとURLをコピーしました