【世界一周】ワンワールド世界一周航空券ルート公開

旅の準備
スポンサーリンク

 

世界一周航空券の利用を決断後、次に悩みの種となるのはルート決めです。

 

私は下記の点を重視して、ワンワールドの世界一周航空券を利用しました。

・イースター島を旅程に入れたい。
・JALユーザーなので、
マイルを貯めたい。

 

私が利用した最終的な内容はこちらです。

エコノミークラス4大陸周遊
総額:431,790円(航空券354,600円+TAX77,190円)

フライトで貯まったマイル数
合計:21,823マイル

 

マイルに関しては、航空券代金をJALカードで支払ったので、実際は上記マイル数とは別にショッピングマイルや初回搭乗ボーナスマイルなども加算されました。

 

今回は、世界一周を考えている方や、世界一周航空券の利用を検討中の方に向けて、記事を作成しました。

   

▼ こちらの記事

・ワンワールド世界一周航空券について
・私の世界一周航空券 ルート詳細

    

世界一周の際に、実際に世界一周航空券を利用した経験をもとに、ご紹介します。

      

       

スポンサーリンク

ワンワールド世界一周航空券とは

ワンワールドの世界一周航空券について、詳細やルールをご紹介します。

利用可能な航空会社

世界一周航空券は、下記のワンワールドグループの航空会社を利用できます。

         

日本航空 / アメリカン航空 / 英国航空 / キャセイパシフィック航空 / カンタス航空/ フィンランド航空 / イベリア航空 / ラン航空 / ロイヤルヨルダン航空 / シベリア航空 / マレーシア航空 / カタール航空 / TAM航空 / スリランカ航空

      

大陸換算制チケットとは?

世界地図を「6つの大陸ゾーン」に分け、いくつの大陸に訪れるかで料金が変動します。

      

■アジア
(インド亜大陸・ロシア(東)を含む)

■ヨーロッパ・中東
(エジプト・モロッコ・アルジェリア・チュニジア・スーダンを含む)

■アフリカ

■北米
(アメリカ・カナダ・メキシコ・カリブ諸国・パナマ・中米を含む)

■南米

■オセアニア
(オーストラリア・ニュージーランドを含む)

      

この点に注意!
世界一周でも利用者の多い、
エジプトやモロッコは、アフリカエリアではなく、ヨーロッパ・中東エリア!

     

料金

各クラスと利用大陸ごとの料金です。   

         

利用クラスエコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
3大陸¥335,000¥656,300¥1,003,300
4大陸¥354,600¥780,400¥1,182,500
5大陸¥418,800¥895,200¥1,370,200
6大陸¥485,000¥978,200¥1,495,100

※別途、出国税・空港施設利用料・保険料等のTAXが発生致します。

       

予約上のルール

予約する際は、下記の点に注意しましょう。

       

■有効期間:1年間
最低旅行日数の制限なし。

     

■利用可能フライト数:最大16回(北米大陸は6回以内・その他の大陸は各4回以内)
陸路移動などの各自で移動する区間も、1回利用としてカウントされます。

     

■途中降機(24時間以上の滞在):全旅程で2回以上必須。

     

日本出発の場合、アジア大陸が大陸数としてカウントされる
アジア大陸での、途中降機が可能な回数は2回まで。

     

■大陸間移動は、東方向、西方向を一方向とし、一度出た大陸に再び戻ることは不可。
(※一部例外あり/北米⇔南米、ヨーロッパ・中東⇔アフリカなど))

     

■オーストラリア・南米に強い。
イースター島のフライト利用が唯一可能な世界一周航空券。

     

■予約確定後の日付・時間変更は無料。ルート変更は手数料等が発生する。

      

     

     

世界一周航空券のルートの作成に行き詰まったら、こちらをチェック!

      

     

タイトルとURLをコピーしました