【スリランカ】キャンディからコロンボへの列車移動

アジア
スポンサーリンク

    

インド洋に浮かぶ島国スリランカ。

スリランカに訪れた際、世界遺産の町である「キャンディ」から、スリランカ第1の都市である「コロンボ」での移動を考えている方も、いらっしゃるでしょう。

   

キャンディからコロンボへは、列車やバス、タクシーなど様々な移動方法があります。

その中でも、鉄道は車窓からの景色を楽しむことができ、観光客にも人気のある交通手段です。

    

今回は、キャンディからコロンボへのアクセス方法をお探しの方に向けて、記事を作成しました。

  

世界一周でスリランカを訪れた際、私が実際に利用した列車移動について、ご紹介します。

     

スポンサーリンク

キャンディ~コロンボ 列車移動方法

キャンディからコロンボへの、列車移動方法をご紹介します。

※2018年9月に利用した際の情報です。

      

列車を利用した際の、主な概要です。

【キャンディ ~ コロンボ】

■所要時間:約3時間
■出発時刻:キャンディ15:00発
■利用クラス:セカンドクラス(2等席・エアコンなし)
■運賃:280ルピー(約200円)
※利用時間帯やクラスによって、運賃は異なります。

    

チケットを購入する

まずは、チケットを購入します。
私は利用日の前日に、キャンディの鉄道駅を訪れて、購入しました。

    

【キャンディの鉄道駅】

     

駅まで遠い場合は、スリーウィラー(トゥクトゥク)を利用しましょう。

   

駅内の様子です。
列車のチケットは、空席があれば当日でも購入できるそうです。

  

キャンディ~コロンボの時刻表です。  
時間帯によって、列車のタイプが「INTERCITY」「Express」になるようです。

         

列車のチケットは、こちらの窓口で購入しました。

     

購入した列車のチケットです。

キャンディ15時発の列車にしました。
1等席はすでに満席だったので、2等席を予約しました。

自由席ではなく、座席番号が決まっている指定席でした。

キャンディ出発

列車出発の当日です。
チケットを提示して、ホームに向かいましょう。

列車の外観です。
ホームには売店があり、飲み物やお菓子を購入できます。

    

列車内の様子です。

観光客以外に、多くの地元の人々も利用していました。
古めの列車でしたが、特に問題なく移動できそうです。

     

私は、オスプレイのスイッチバッグを持っていたんですが、座席の上には載せないることができない大きさなので、荷物場所を確保するのが少し大変でした。

自分の目の届かない場所に置くのも不安なので、できるだけ邪魔にならないように、座席の横に置いていました。

    

列車の車窓から景色を眺めていると、「世界の車窓から」のメロディーが頭の中で流れます。
バス移動とは、また違った良さがあります。

コロンボに到着するころには、日が沈んでいく様子も見ることができました。

      

コロンボ到着

キャンディを出発してから約3時間後に、「コロンボ・フォート駅(Colombo Fort)」に到着です。

2号車はエアコンなしの車両でしたが、程よい風も入ってくるので、特に問題なかったです。

       

【コロンボの鉄道駅】

     

      

以上、「キャンディ~コロンボ」の列車移動方法をご紹介させて頂きました。

     

スリランカの鉄道は、観光客以だけではなく、地元の人々の交通手段としても活用されているようで、私が座っていた号車も基本的に満席でした。

この路線は混みあうことが多いようなので、利用される際は、早めに予約しておくことをおすすめします。

    

実際に利用してみた感想としては、車窓からの景色を楽しみながらの列車移動は、新鮮で良かったです。

異国の地にいるんだということを、改めて実感できました。

列車から見る風景は、ある意味で一番スリランカをリアルに感じることができたかもしれません。

      

キャンディからコロンボへの移動を考えている方は、ぜひ列車利用を検討してみてください。

     

         

タイトルとURLをコピーしました