プノンペンからホーチミンへのバス移動【陸路移動】

アジア
スポンサーリンク

 

カンボジアからベトナムへの入国は、様々な交通手段があります。

特に利用者が多い移動方法は、飛行機での空路入国、またはバスでの陸路入国です。

 

ベトナムの中でも、最大の都市である「ホーチミン」に訪れたいという方は多いと思います。

 

世界一周や東南アジアを周遊している方には、カンボジアのプノンペンから、ベトナムのホーチミンへの移動を考えている方もいらっしゃるでしょう。

移動方法を考えたとき、特に陸路での国境越えに不安を感じる方も多いと思います。

 

私自身は、プノンペンからホーチミンまで「CAPITOL TOUR(キャピトルツアー)」の直通バスを利用しました。

 

今回は、空路移動と陸路移動を比較すると共に、私が実際に利用した長距離バスについて、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

プノンペン⇒ホーチミン 移動方法の比較

飛行機を利用した空路入国と、バスを利用した陸路入国を比較します。

飛行機(空路入国)

LCC直行便を利用した際の目安です。
航空券代金は、出発日や予約タイミングで異なります。

■所要時間:約1時間
■金額:約1万円~

【メリット】
・所要時間が短い。
・短時間の飛行なので、身体への負担が少ない。

バス(陸路入国)

プノンペン市内には、様々なツアー会社やバス会社があります。
プノンペン~ホーチミンの国際バスを扱っている店舗も多数あり、バスのタイプや価格帯も様々です。

■所要時間:約7時間 
■金額:10USドル前後~(1,100円前後~)

【メリット】
・価格が安い。
・ホーチミンの中心地まで直通で行くことができる。

 

スポンサーリンク

長距離バス 利用内容

私が実際に利用した「プノンペン⇒ホーチミン(サイゴン)」長距離バスの利用内容です。

 

※2018年9月に利用した際の情報です。

予約方法

プノンペンの市街地にあるツアー会社「CAPITOL TOUR(キャピトルツアー)」を利用しました。

私は出発日の前日に、キャピトルツアーの店舗で予約しました。
当日でも空席があれば予約できますが、前日までに予約しておいたほうが安心です。

 

私が利用した区間以外にも、様々な区間を扱っていました。
ホーチミンは、サイゴンと表記されていることが多いです。

 

■CAPITOL TOUR(キャピトルツアー)

料金

プノンペン⇒ホーチミンの、バス利用料金です。

■国際ダイレクトバス(ホーチミン行き) 
バス料金:10USドル

出発時間

■プノンペン 8:00頃 出発

CAPITOL TOURのプノンペン⇒ホーチミンは、1日に数本のバスが出発しています。
私は、8:00出発のバスを選択しました。

 

出発当日は、CAPITOL TOUR前に7:30頃に集合しました。

 

エアコン付きの大型バスで、観光客だけではなく、地元の方も利用しています。
車内で、おしぼりとミネラルウォーターを頂きました。

バスに乗車後に、乗務員さんがチケットの確認パスポートの回収をします。
出入国手続きを、乗客全員分まとめて代行してくれます。

 

出入国手続き

■カンボジア出国手続き

プノンペン出発後、お昼ごろにカンボジア側の国境であるバベットに到着します
ここで食事をしている間に、乗務員さんが出国手続きをしてくれます

 

昼食後、カンボジアの出国スタンプが押されたパスポートを返却してくれます。
一度バス乗車後にイミグレーションでバスを降り、パスポートチェックがあります。

再びバスに乗り、カンボジア出国完了です。

 

  

■ベトナム入国手続き

次は、ベトナム側の国境であるモックバイへ移動します。

ベトナム入国時は、トランクに預けている荷物も含めて、一度バスから全て降ろします。

 

モックバイでの入国審査は、国際バス利用だからか、入国書類の記入は必要ありませんでした
ベトナム出国用の、帰りの航空券の確認もなかったです

乗務員さんが、乗客のパスポートをまとめて提出して、入国スタンプを押してもらいます
パスポートが返却されるまで、入国審査エリアで10分ほど待ちました。
混んでいる場合は、さらに時間を要してしまうこともあるようです。

パスポート受け取り後、出口でパスポートの入国スタンプを見せて外へ出ます。
以上で、ベトナム入国が完了です。

外に出ると、プノンペンから乗車してきたバスが待機しています。
カンボジア出国からベトナム入国まで、所要時間は約30分ほどです。

 

到着時間

■ホーチミン 15:00過ぎ 到着

バスは、ホーチミンの中心地にある9月23日公園あたりに到着します。

  

  

キャピトルツアーの長距離バスを利用した感想としては、新しいバスではありませんでしたが、特に問題なかったです。

価格が高めですが、綺麗なバスを扱っているバス会社もありますので、自分自身の希望に合うバスを選ぶと良いと思います。

 

また、ベトナムへの陸路入国は、観光客の利用頻度も高く、バス会社や審査官も慣れている様子でした。

 

プノンペンからホーチミンまで、価格重視で陸路移動を考えている方には、キャピトルツアーのバスがおすすめです

  

タイトルとURLをコピーしました