タイ・バンコクのドンムアン空港から市内への行き方【バス・タクシー】

アジア
スポンサーリンク

 

タイ・バンコクのドンムアン空港は、日本からも多くのLCC便が就航しています。

個人旅行でバンコクに行く場合、空港から宿泊先までのアクセス手段に悩む方も多いことでしょう。

     

今回は「ドンムアン空港から市内へのアクセス方法」について、記事を作成しました。

      

▼ こちらの記事

・バンコク ドンムアン空港から市内への行き方
 【移動手段/ Limoバス・空港バス・タクシー・Grab】

      

近年のLCCの増便に伴い、もう一つのバンコクの空港であるスワンナプーム空港ではなくドンムアン空港を利用する方も多いと思います。

世界一周の際に、タイ・バンコクを訪れた経験をもとにご紹介します。

       

      

スポンサーリンク

ドンムアン空港から市内へのアクセス方法

ドンムアン空港から市内へは、様々なアクセス方法があります。

■Limoバス
■空港バス(エアポートバス)
■鉄道
■空港送迎サービス
■リムジンタクシー
■メータータクシー
■Grab

         

おすすめの4つの移動手段の詳細をご紹介します。

Limoバス

カオサンやシーロムへ向かう空港バスです。
正式名称はAirport LimoBus Express(エアポート・リモバス・エクスプレス)です。

Limoバス

■運行時間:9:30~24:30
■運賃:150バーツ
■運行間隔:30分~1時間に1本
■所要時間:40分~1時間前後
■予約方法:乗り場の前にある専用カウンターにて受付
■乗り場:空港1階 7番出口

      

一人ずつ座席が確保されているので、必ず座ることができます。
身体を休めることができるので、長旅で疲れを感じている方におすすめです。

      

Limoバスは、2ルートあります。
①カオサンロード行き
②シーロム駅 ~ ラチャダムリ駅 ~ プルンチット駅 ~ プラトゥーナム行き

     

空港バス(エアポートバス)

路線バスタイプの空港バスです。

空港バス(エアポートバス)

■運行時間:A1・A2(7:00~24:00)/ A3・A4(7:00~23:00)
■運賃:A1・A2(一律30バーツ)/ A3・A4(一律50バーツ)
■運行間隔:A1(10分に1本)/ その他(30分に1本)
■所要時間:①A1/30分前後 ②A2/30分前後 ③A3/50分前後 ④A4/40分前後
■乗り場:空港1階 5番出口

    

運賃を安く抑えたい方におすすめの手段ですが、荷物が多い方には難易度が高めです。
事前の予約は不要で、運賃はバス車内で現金で支払います。

バスは5ルートありますが、旅行者向けの4路線のバスルートはこちらです。

①A1バス:チャトゥチャック駅 ~ 北バスターミナル(モーチット2)行き
②A2バス:チャトゥチャック駅 ~ ヴィクトリーモニュメント駅行き
③A3バス:ディンデーン ~ プラトゥーナム ~ ルンピニーパーク行き
④A4バス:民主記念塔 ~ カオサンロード ~ サーナム・ルアン行き

      

また、こちらのバスは基本的に次の停車駅をアナウンスしません。
乗車の際に車掌に行き先を告げておくと、到着時に声をかけてくれます。

     

タクシー

一般的なメータータクシーです。

タクシー

■運行時間:24時間
■運賃:300~400バーツ前後
■初乗り料金:35バーツ
■所要時間:40分~1時間前後(市内中心部のホテルまで) ※道路状況により変動します。
■乗り場:空港1階 8番出口
■配車方法:乗り場の前にある専用カウンターにて受付

     

有料道路料金と空港使用料の50バーツは乗客負担です。

利用する際は、メーターが正しく動いているか注意しましょう。

      

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

Grab

Grabとは自動車の配車サービスです。
以前は主流だったUberが撤退したので、現在の東南アジアで人気の配車サービスです。

Grab

■運行時間:24時間
■運賃:300~400バーツ前後
■所要時間:40分~1時間前後(市内中心部のホテルまで)※道路状況により変動します。
■配車方法:スマホアプリより申込
配車位置は5番ゲート辺りが適しています。

    

「Grab」のスマホアプリで目的地を確定し、配車の申込をします。

Grabは言葉が通じなくても利用しやすい!

事前にアプリに提示される目的地までの経路をドライバーも確認しているので、乗車後の細かいやり取りが基本的に不要です。

クレジットカード情報をアプリに登録しておくと、現地での支払いも不要です。

        

アプリを利用するため、インターネット接続が必要です。
simカードやポケットWi-Fiでの通信ができない場合は、空港の無料Wi-Fiを活用しましょう。

短期旅行であれば日本でポケットWi-Fiでレンタルしておくと、現地ですぐに通信できるので便利です。

     

      

日本で購入可能で、タイでも使えるSIMカードもおすすめです。
タイや日本を含め、アジアの様々な国で利用できます。

       

        

以上、「ドンムアン空港から市内へのアクセス方法」をご紹介しました。

    

      

  

複数人での移動であれば、Grabがおすすめです。

初めてバンコクに訪れる方や、海外での移動に不安がある方にとってもタクシーより利用しやすい手段です。

     

また、「Limoバス」や「エアポートバス」も旅慣れしている方であれば難易度は高くないと感じました。

自分自身にどの交通手段が合うのか、検討すると良いでしょう。

       

       

バンコクを訪れる際は、ぜひご参考ください。

     

      

      

      

タイトルとURLをコピーしました