【タイ】スワンナプーム空港から市内へのアクセス方法(バンコク)

アジア
スポンサーリンク

 

タイのバンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港は、日本からも多くの便が就航しています。

 

個人旅行でバンコクに行く際、特に初めて訪れる場合は、空港から宿泊先までの移動方法について悩む方も多いと思います。

 

スワンナプーム空港から市内までの行き方は、下記のように様々な選択肢があります。

■エアポートレールリンク(ARL)
■AOTリムジン
■空港バス
■路線バス
■ロットゥー(乗合いバン)
■空港送迎サービス
■タクシー
■Grab

 

 

今回は、タイのバンコクから市内へのアクセス方法をお探しの方に向けて、おすすめの移動手段をご紹介致します。

 

スポンサーリンク

スワンナプーム空港⇒市内 アクセス方法

スワンナプーム空港から市内までは様々なアクセス方法がありますが、おすすめの5つの移動手段について詳しくご紹介します。

エアポートレールリンク(ARL)

空港とバンコク市内を結ぶ高速鉄道で、「ARL」とも呼ばれています。

全8駅に各駅停車し、始発駅の「スワンナプーム空港」から終点の「パヤー・タイ駅」までの所要時間は27分です。

観光客向けのホテルが多いエリアへの直通ではありませんが、途中駅でBTSやMRTに乗り換えをすると、バンコク市内の主要エリアにアクセスが可能です。

■運行時間:05:56〜24:30
※曜日によって多少変動する場合があります。
■運賃:15~45バーツ(約50円〜150円)
※始発駅~終点駅までは45バーツ。
■運行間隔:10分〜15分間隔
■所要時間:パヤー・タイ駅まで約30分
※空港からBTSアソーク駅・サイアム駅までは約40~50分
■乗り場:空港地下1階より案内板表示に従って進む。

 

【路線図】

 

AOTリムジン

距離に応じて料金が設定されるハイヤーサービスです。
スワンナプーム空港で唯一の公式リムジンサービスで、AOTは「Airport Of Thailand」の略称です。

スワンナプーム空港での予約の際、帰りの市内から空港までの分も予約ができ、クレジットカードでの支払いも可能です。

他の選択肢に比べると高額な印象ですが、予約の段階で運賃が確定しており、ゆったりと移動できる点が魅力です。

■運行時間:24時間
■運賃:車種と距離により変動(定額料金)
※1050バーツ~
■所要時間: 約30分〜60分(市内中心部のホテルまで)
※道路状況により変動します。
■予約場所:空港2階 荷物受け取りエリアまたは到着ロビーの専用カウンター
※公式サイトで事前予約も可能。
■乗車場所:空港 到着ホール

 

空港バス(S1バス)

高速道路を利用する、エアコン付きのオレンジ色のバスです。
バックパッカーの聖地であるカオサンまで乗り換えなしの直通です。

路線バスタイプなので、荷物が多い方には少し不便さを感じると思います。
事前の予約は不要で、運賃はバス車内で現金で支払います。

【バスルート】
スワンナプーム空港(Suvarnabhumi)~ ランルアン通り(Lan Luang)~ ラチャダムヌンクラン通り(Ratchadanoen Klang)~ 民主記念塔(Democracy Monument)~ バンランプー(Bang Lam Phu)~ カオサン通り(Kao San Street)~ 王宮前広場(サナムルアン・Sanam Luang)

■運行時間:06:00〜20:00
■運賃:60バーツ(一律料金)
■所要時間:カオサン通りまで約1時間
■運行間隔:1時間に1本ほど
■乗り場:空港1階 7番出口外のバス乗り場

 

タクシー

一般的なメータータクシーで、有料道路料金と空港使用料の50バーツは乗客負担です。

利用する場合は、メーターが正しく動いているか注意しましょう。

タクシーは下記の3種類ありますが、旅行者向けはREGULARまたはLARGEです。
・SHORT DISTANCE:近距離専用
・REGULAR TAXI:セダンタイプ(5人乗り)
・LARGE TAXI:ミニバンタイプ(7人乗り)

■運行時間:24時間
■運賃:約300~500バーツ
■初乗り料金:35バーツ
■所要時間:約30分〜60分(市内中心部のホテルまで)
※道路状況により変動します。
■乗り場:空港 1階の4番〜7番出口付近
■配車方法:乗り場の自動発券機で配車票を発券する。

 

Grab

Grabとは自動車の配車サービスのことです。
以前は主流だったUberが撤退したので、現在の東南アジアでは人気の配車サービスです。

「Grab」のスマホアプリより行き先を確定し、配車の申込をします。
ドライバーも、自分自身と同じ目的地までの経路を確認できるので、言語が通じなくても問題ありません。
クレジットカード情報を事前に登録しておくと、現地での支払いも不要です。

■運行時間:24時間
■運賃:350バーツ前後(申込のタイミングで変動します)
■所要時間:約30分〜60分(市内中心部のホテルまで)
※道路状況により変動します。
■配車方法:スマホアプリより申込
※アプリを使用して予約するので、simカードやポケットWi-Fiでの通信ができない場合は、空港の無料Wi-Fiを活用しましょう。

 

 

総合的に考えると「Grab」の利用がおすすめです。

短期旅行であれば、日本からポケットWi-Fiでレンタルしておくと、タイ到着後にすぐにアプリから予約が可能です。

  

ポケットWi-Fiをレンタルしない場合は、simカードを購入するか、空港の無料Wi-Fiを利用して予約しましょう。

 

 

エアポートレールリンクやS1バスの利用も難易度は高くないので、自分自身に合う交通手段を利用してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました