おすすめのカンボジアグルメ5選【カンボジア料理】

アジア
スポンサーリンク

 

海外に行くとなると、現地での食事も気になる点の一つだと思います。

 

カンボジアといえば「アンコールワット」などの観光スポットが有名ですが、もし旅行に行くとなった場合、現地での食事は、どのような料理が思い浮かびますか。

 

カンボジア料理は「クメール料理」とも呼ばれており、米や魚を中心とした食文化です。

 

東南アジアらしい味付けの料理もある一方で、東南アジアの他国の料理と比べて、くせが少ない印象です。

料理のバリエーションが広く、日本食に近い親しみのある味つけの料理もあります。

 

今回は、カンボジア料理の特徴と、現地でぜひ食べてほしい、おすすめのカンボジアグルメをご紹介します。

   

スポンサーリンク

カンボジア料理とは

別名「クメール料理」とも呼ばれています。
伝統的な料理であるクメール料理は、現在もカンボジアで広く食べられています。

カンボジアの料理には、周辺国の影響が見られます。
中華料理、タイ料理、ベトナム料理、インド料理などが取り入れられている印象です。

  

多くの料理に、魚を発酵させてペースト状にした独特の香りの「プラホック」や、カンボジアの魚醤である「トゥック・トレイ」といった調味料を使っているのが特徴です。

カンボジアでは、インディカ米を主食として、もち米をデザートやちまきの材料として、食されています。

  

 

スポンサーリンク

おすすめカンボジア料理

様々な料理がありますが、その中でもおすすめの「カンボジア料理」をご紹介します。

アモック

カンボジア(クメール)料理の代表的な伝統料理。

雷魚などの淡水魚や、鶏肉、野菜をココナッツミルク入りのスープに卵を入れて蒸しており、 カンボジア風の茶碗蒸しとも言われています。
ココナッツカレーのような味わいで、 お店ごとにオリジナリティがあります。
カンボジアに行ったらぜひ食べてほしい、日本人にも食べやすい一品です。

クイティウ

カンボジアの麺料理といえば、こちらの一品。

米粉を使用した細麺で、ベトナムのフォーにも似ています。
お肉や魚介類、野菜に様々なハーブが入っていて、さっぱりとした優しい味わいです。
カンボジアの人たちの、定番の朝ごはんの一つです。

バイサイチュルーク

豚肉をご飯の上にのせている、日本でいう「豚丼」です。

甘辛いタレは、しっかりとした味わいで、屋台の定番料理です。
こちらの料理も、カンボジアの人たちの定番の朝ごはんの一つです。
付け合わせで、野菜のマリネが付いていることも多いです。

チャー・トロクン

東南アジア産の、トロコーン(空心菜)を使った料理。

たっぷりのニンニクを使い、オイスターソースなどの調味料で味付けされています。
中華料理にも近く、日本人にも馴染み深い味です。
シンプルな料理ですが、ご飯にも合う箸が進む一品です。

ラパウ・ソン・クチャー

カンボジアスイーツを代表する、まるごとかぼちゃプリン。

中の種をくりぬいた部分がプリンになっており、食べ応えのあるスイーツです。
ホクホクに蒸してあるカボチャと、プリンの甘味がマッチしています。
アイスクリームやホイップクリームと一緒に食べるのも、おすすすめです。

  

   

カンボジアでの食事も、楽しみになってきましたか。

ホテルやレストランの食事だけではなく、ローカルの食堂や屋台も独特な雰囲気を味わえるので、おすすめです。

  

また、上記で挙げたような食べやすい料理以外にも、カンボジアには少し変わった食材?もあります。

なんと、「昆虫」が販売されている屋台や市場もあるんです。

興味のある方は、試してみるのも旅の一つの思い出になることでしょう。

   

カンボジア旅行の際は、現地のグルメもぜひお楽しみください。

  

タイトルとURLをコピーしました