【世界一周】海外長期滞在時に持っていきたい日本食

旅アイテム
スポンサーリンク

 

あつあつのお味噌汁に、ふっくらとしたご飯。

 

世界一周や海外赴任・留学などの海外長期滞在時に、恋しくなってしまうものといえば何が浮かびますか?

 

海外での長い滞在期間中、日本で生まれ育った方なら誰もが一度は日本食を恋しく思う瞬間があると思います。

 

海外でも日本食レストランは増えてきましたが、やはり気になるのはそのお味や価格。

長期滞在の場合、毎回外食となると健康面や金銭面も気になりますので、滞在中に自炊をする機会も生じてくるかと思います。

 

今回は、私が実際に世界一周の際に持っていった日本食を含む食品類と、現地でこれは使えると感じた食品をご紹介したいと思います。

    

     

スポンサーリンク

海外旅行に持って行きたいグルメ

私が実際に世界一周の際に持って行った食品と、おすすめの食品について、ご紹介します。

世界一周に持参した食品類

■インスタント味噌汁
日本食の定番。様々な種類が入ったタイプがおすすめ。和食を作る際の調味料としても使えます。

■スティックコーヒー
宿でのリラックスタイムに活躍。他の旅人にあげても喜ばれるアイテムです。

■粉末ポカリスウェット
水に溶かすだけと手軽なので、トレッキング時などに重宝します。熱中病対策アイテムとしても最適です。

■プロテインバー
非常時にと思って持っていきましたが、海外でも手に入りやすいです。

    

     

おすすめしたい食品

■お茶漬け
ご飯とはもちろん、和風パスタのソース代わりやサラダのトッピングとしても万能です。
様々な種類を持っていくと、飽きもこないと思います。

■パスタソース
トマト系のソースは海外でもよく見かけましたが、その他の種類のソースを見かける機会は少なかったです。ドライタイプだと荷物にもならないので、おすすめです。

■塩コショウ
海外だと塩・胡椒ミックスのタイプは見かけませんでした。
調味料を置いていない宿もあるので、自炊中心を予定している方は日本から持参したほうが良いかもしれません。

■だしの素
和食を作りたいときに重宝するので、こちらも自炊中心を予定している方におすすめです。

■スティックタイプのドリンク

私はコーヒースティックを持っていきましたが、とても重宝していました。
コーヒー以外にも、緑茶や紅茶などお好みのものを持っていくと良いと思います。

     

スポンサーリンク

世界一周時の自炊

世界一周時の自炊については、下記をご参考ください。

現地での買い物

袋が有料の地域もあるので、コンパクトなエコバッグが一枚あると便利です。

都市部ではカード決済が可能な場所が多いですが、支払いは現金のみという場所もあるので、注意しましょう。

     

野菜などは、自分自身で重量を測って価格を確認するスーパーなどもありますので、システムが分からない場合はスタッフに声をかけてみましょう。

ちょっとしたお土産品を購入したり、その土地ならではの食品に挑戦してみるのも面白いです。

     

また、南米の一部のスーパーではクレジットカード決済だったからか、購入の際に身分証チェックがありました。

スマホに写真保存していたパスポート内容で問題はありませんでしたが、念のためパスポートの個人情報のページを、写真保存しておくと良いでしょう。

宿での自炊

特に日本人宿など、調味料類は自由に使っていい場所もあります。

【自炊メニュー例】
■パスタ
基本的にどこにでも売っているので、一番自炊しやすいと思います。

■お米
一部の日本人宿を除いて炊飯器を置いている宿は中々ないので、基本的に鍋で炊きます。
電子レンジで炊けるタイプのお米もあります。

        

         

各国のグルメを楽しむのは旅の醍醐味の一つでもありますが、宿で自炊していることによって他の旅人との会話のきっかけになることもあります。

 

料理を通してお互いの国の文化を知ることが出来たりと、新しい発見ができる可能性もあります。

 

海外に長期滞在予定の方は、自炊に挑戦してみることをおすすめします。

     

      

タイトルとURLをコピーしました