世界一周でおすすめのメインバッグ比較【女ひとり旅・持ち物】

旅アイテム
スポンサーリンク

    

世界一周旅行の際、旅を快適に過ごすために欠かせないアイテムといえばメインバッグです。

バックパッカーという言葉があるように、メインバッグは旅人にとって相棒とも呼べる存在です。

     

今回は「世界一周用のメインバッグをお探しの方」に向けて、記事を作成しました。

    

▼ こちらの記事

・世界一周のメインバッグ タイプ比較
・購入したメインバッグの詳細【OSPREY(オスプレー )ソージョン60】

     

メインバッグといっても様々なタイプがあり、どのバッグが自分にって最適なのか悩む方もいらっしゃることでしょう。

世界一周の出発前に、メインバッグを購入した経験をもとにご紹介します。

    

     

スポンサーリンク

世界一周メインバッグ タイプ比較

代表的なメインバッグの種類をご紹介します。

バックパック

バックパッカーというぐらいなので、長期旅行者に一番多いタイプです。

日本人はもちろんですが、旅中に出会ったほとんどの欧米人の旅人はこのタイプでした。
荷物をコンパクトにまとめている上級者を見ると、尊敬の眼差しを送ってしまいます。

【メリット】
・一番旅人感が出る。
・両手が空く。
・ローカルのバスや電車に乗るときに、荷物場所の確保がしやすい。
【デメリット】
・長時間背負う場合は、肩への負担が大きい
・パッキングや荷物の取り出しが、少し大変。

キャリーケース(スーツケース)

短期の海外旅行であれば、キャリーケースを使用する方が多いと思います。

世界一周者の使用率は、低めの印象です。

【メリット】
・荷物を背負わなくていい。
平らな道での持ち運びが楽
・セキュリティ対策がしやすい。
【デメリット】
・階段や急な坂道、砂利道などの足場の悪い道は苦労することもある

スイッチバッグ

キャリーケースからバックパックに仕様を変更できる2WAYタイプのバッグです。
別名「コロコロバッグ」とも呼ばれています。

近年で利用者が増えている印象で、特に女性におすすめです

【メリット】
バックパックとキャリーケースの二つの用途を兼ね備えている
【デメリット】
タイヤがある分の重みがある
・バックパックに比べると背負い心地が悪め。

     

それぞれのメリットやデメリットを比較した上で、世界一周者におすすめするのは下記の2タイプです。

■バックパック:荷物が少ない方。できるだけ身軽で行動したい方。
■スイッチバッグ:荷物が多めで、常に背負っての移動に不安を感じる方。

       

基本的な移動手段はタクシーやUberだという方は、キャリーケースでも良いと感じました。

現地で電車やバスも利用予定の場合、転がさずに背負っての移動が必要な状況もありえるのでバックパックかスイッチバッグがおすすめです。

       

サブバッグを検討中の方は、こちらをチェック。        

       

スポンサーリンク

世界一周のメインバッグ紹介

私は検討した結果、最終的にスイッチバッグに決めました。

2WAYで使えるという点と、常に背負うことへの不安を解消できる点が決め手でした。

OSPREY ソージョン60       

購入したスイッチバッグがこちらです。

■商品名:OSPREY(オスプレー )ソージョン60(25インチ)
■容量:60L
■サイズ:縦64x横36x奥35cm
■重量:3.87kg
■生地:メイン=1680Dバリスティックナイロン、アクセント=420Dナイロンオックスフォード、ボトム=900Dスーパーオックスフォード

オスプレーのスイッチバッグは、世界一周旅行者の間では定番になりつつある商品です。     

私が購入したのは旧デザインのものですが、新デザインもおしゃれでおすすめです。
購入の決め手となった理由は、デザインの良さとタイヤの丈夫さです。

 

世界一周中にタイヤを破損してしまうとスイッチバッグの利点を失ってしまうので、丈夫であることを重視しました。

        

世界一周旅行中は、基本的にキャリーケースとして使用していました。

私は石畳でもほとんどの場合そのまま転がしていましたが、タイヤが丈夫なお陰で破損することはなかったです。

    

背負って移動する機会は少なかったですが、道路の整備が不十分で転がせないときや長い階段を移動するときには背負いました。

バックパックへの切り替えも簡単にできるので、改めて便利な商品だと感じました。

その他の候補(ソロツーリスト・カリマー)     

オスプレー以外に、下記のスイッチバッグも候補として検討しました。

■ソロツーリスト アブロードキャリー(57L)
■ソロツーリスト スイッチパック(55L)

機内持ち込み可能サイズ

受託荷物なしで、全ての荷物を飛行機の機内に持ち込みたい方におすすめです。

■OSPREY(オスプレー )ソージョン(45L)
■ソロツーリスト アブロードキャリー(43L)
■ソロツーリスト スイッチパック(44L)
■カリマーエアポートプロ(40L)

大容量サイズ

荷物が多めの方におすすめのタイプです。

■OSPREY(オスプレー )ソージョン(80L)
■ソロツーリスト アブロードキャリー(70L)
■カリマーエアポートプロ(70L)        

         

デザインも価格帯も様々なので悩みましたが、結果的に購入したオスプレーの満足度が高かったので良かったです。

     

     

また、メインバッグに取り付ける南京錠の用意も必要です。

アメリカを訪れる場合、受託荷物はTSAロック以外は基本的に取り付けできないので気を付けましょう。

     

南京錠はサブバッグにも取り付けたり、宿泊先のロッカーを利用する際にも必要です。
使用する機会は多いので、タイプ別に3~4個は持って行った方が良いと感じました。

        

        

       

      

      

以上、「世界一周用のメインバッグ」をご紹介しました。

    

     

      

メインバッグを用意すると、旅に出るんだという実感が湧いてきます。

余裕を持って用意しておくと、持っていく荷物を早めに厳選できるだかではなく準備期間のモチベーションアップにも繋がります。

     

       

世界一周に向けてメインバッグの購入を検討中の方は、ぜひご参考ください。

    

        

        

              

タイトルとURLをコピーしました