絶景!カッパドキアの気球ツアーで幻想的な空の旅【トルコ】

中東
スポンサーリンク

    

トルコ中部に位置する町カッパドキア。

    

奇岩群に囲まれた独特な雰囲気が魅力的で、多くの気球が飛ぶ幻想的な光景が、人気の町でもあります。

   

今回は、カッパドキアを訪れる方に向けて、熱気球ツアー(ホットエアバルーンツアー)についての記事を作成しました。

    

▼ こちらの記事 

・カッパドキアの気球ツアーについて【時期・料金・服装】
・予約した気球ツアーの詳細

     

私は世界一周の際に、カッパドキアのギョレメに滞在して、9月末に気球ツアーに参加しました。
長い旅の中でも、特に思い出に残っている出来事の一つです。

実際に経験したことに基づいて、ご紹介します。

     

            

スポンサーリンク

カッパドキアの気球ツアーについて

カッパドキアの気球ツアーについて、ご紹介します。

      

現在、カッパドキアには気球ツアーを運行している、多数の気球会社が存在しています。

運行する会社によって、コースや価格、乗車人数などは異なりますが、主に45分~60分フライトのコースを扱っている会社が多いです。

      

✔ ホテル出発~ホテル帰着までの所要時間は、3~4時間です。

       

気球ツアーに参加したいた場合は、現地のツアー会社やホテル等で予約が可能です。

下記のツアーだとWEBから日本語での予約が可能なので、
現地での英会話でのやり取りに不安がある方にも、おすすめです。

       

料金も気球ツアーの料金相場と同じ金額なので、安心です。

      

時期

気球ツアーは、基本的に1年中を通して運行しています。

    

ベストシーズンは、比較的天候が安定しているといえる、この時期といえるでしょう。

気球フライトのベストシーズンは?
      → 天候が安定している5月~10月頃

     

ですが、シーズンごとに、それぞれの良さがあります。

冬の気球フライトは、雪景色の中を飛行することもあるので、とても幻想的な光景を見ることができます。

        

運行状況

気球フライトは、悪天候により運行中止となる場合があります。

     

気球の運行に関して、最も重要なのは風の強さです。

風以外には、濃霧や暴雨などの理由により中止になることもあります。
運行中止のアナウンスのタイミングは、前日の段階で発表されることもあれば、当日に決定する場合もあります。

    

万が一、悪天候で運行中止になった場合は、
基本的には翌日に振替や、返金対応となります。

運行中止の日が続いた場合、振替が重なり、新規の予約が取りづらくなることもあります。

       

私は、カッパドキア到着日に気球の予約を希望したのですが、到着の次の日は満席、その翌日と翌々日は運行中止で、最終的に参加できたのは、カッパドキア滞在の5日目でした。

その経験から、下記の点を考慮した方が良いと感じました。

絶対に気球に乗りたい方は、
 カッパドキア到着前にツアーを予約 + 滞在日数に余裕を持つ!

     

天候ばかりは、どうしようもないのですが、気球を目的にカッパドキアを訪れた方にとっては、残念でなりませんよね。

     

ちなみに、カッパドキア到着日に、次の日の気球の空席をホテルや、町中のツアー会社に訪ね周りましたが、空席はありませんでした。

 到着日に翌日の気球を予約するのは、ハイシーズンだと難易度が高い!

      

ツアー内容

気球ツアーの内容です。
多少の違いはありますが、多くの気球会社が下記のようなプランを実地しています。

気球はサンライズに合わせた、早朝のツアーが一般的です。
朝の方が、風が落ち着いていることが多いようですね。

     

■ホテル送迎(ホテル出発04:30~06:00頃)
■朝食
■気球フライト(45分~1時間ほど)
■シャンパンサービス
■気球乗車の証明書

     

ホテルの出発時間は、サンライズの時間に合わせて変動します。

上記は早朝のツアー内容ですが、昼のツアーを運行している会社もあります。

     

料金

気球ツアーの料金相場です。

現地で予約すると、数年前まではもう少し安かったようですが、現在はだいたい下記の価格に設定されているようです。

気球ツアー料金相場
ハイシーズン:150ユーロ ~ 230ユーロ
■ローシーズン:120ユーロ ~ 180ユーロ

      

服装

気球ツアー参加時の服装は、普段着で問題ありません。

ただし、夏であっても上空は冷え込んでいるので、上着を持って行きましょう。

私が参加したのは9月末ごろで、半袖に長袖のパーカーを着て参加しましたが、寒かったです。
他の参加者も、厚手の長袖を着用していました。

       

スポンサーリンク

参加した気球ツアー

私が実際に参加した気球ツアーについて、ご紹介します。

    

※2018年9月に参加した際の情報です。

予約内容

私は、宿泊していたホテル「Peace Stone House」で、予約しました。

      

カッパドキア 気球ツアー

■気球会社:DISCOVERY BALLOONS
■料金:150ユーロ
■ホテル出発時間:04:45
■ホテル帰着時間:08:00過ぎ

    

利用した「DISCOVERY BALLOONS(ディスカバリー・バルーン)」は、スタッフも気さくで、フライトも安定していて、とても良かったです。

      

気球ツアーの様子

気球ツアーに参加した当日の様子です。

     

ホテルにミニバンでお迎えがきて、まずは気球会社のオフィスに向かいます。

オフィスに到着したら、簡単な朝食を食べます。
コーヒーやパン・クッキーなどの軽食が用意されていました。

      

気球会社を出発したら、ミニバンで出発ポイントに向かいます。

      

バルーンの出発ポイントに近づいてきました。
ミニバンの中から、たくさんの気球が見えて、テンションが上がります。

        

出発地点に到着しました。
間近で見る気球です。

      

気球のバスケットに、10名ぐらいで乗り込みました。

気球に点火した音が鳴り響くと、いよいよかとドキドキしてきます。
気球のパイロットやスタッフもテンションが高くて、盛り上げてくれます。

       

そして、いよいよ飛びます!

      

どんどん上昇していきます。
幻想的な光景が広がります。

サンライズのタイミングで、とても美しくて、見入ってしまいます。

        

上空から見下ろしたカッパドキアです。
自然に溢れた町ですね。

    

遠くにウチヒサール城も見えます。

     

可愛らしい形の奇岩です。
カッパドキアに奇岩はたくさんありますが、それぞれに個性があって楽しめます。

     

1時間弱ほどのフライトを楽しみ、到着ポイントが近づいてきました。
名残り惜しいですね。

       

気球フライトが終わった後は、シャンパンサービスがありました。
自分が運転していた訳ではないのに、とても達成感があります。

ちなみに、気球のパイロットはカッパドキアでも「花形の職業」と言われていて、人気が高いそうです。

      

バルーン会社から「搭乗証明書」をいただきました。
旅の記念になりますね。

    

      

       

気球が飛ぶ様子は、気球に乗らなくても見ることができます。

とはいえ、やはり実際に気球に乗って見る景色や、感じる空気は全然違います。

    

世界一周者などの長期旅行者にとっては、気球の料金は決して安いとは言えない金額だと思います。

ですが、気球から見る光景は、
その金額を支払うだけの価値があると感じました。

    

世界中の他のどこにもない、オンリーワンの景色です。 

     

        

       

カッパドキアを訪れる方は、幻想的なこの光景をぜひ体感してみて下さい。

      

      

      

タイトルとURLをコピーしました