PR

【トルコ】イスタンブールのおしゃれエリア新市街を訪れる【観光/営業時間】

中東
スポンサーリンク

※各施設の入場料や営業時間は、記載の内容より変更が生じている場合もあります。公式HP等で最新の情報をご確認ください。

       

トルコの都市・イスタンブールのヨーロッパ側に位置する新市街。

イスタンブールにある旧市街やアジアサイドなどの他のエリアと比較した上でホテルを検討したいという方も多いと思いますが、新市街はイスタンブールの中でも洗練されたエリアとして注目を集めています。

   

今回は「トルコ・イスタンブールへ訪れる予定の方」に向けて、記事を作成しました。

    

▼ こちらの記事

・イスタンブールの新市街の様子
・人気観光スポット【ドルマバフチェ宮殿・ガラタ塔】

     

新市街は高級ホテルや大型ショッピングモールがあったりと、便利で近代的な魅力のあるエリアでした。

世界一周の際、イスタンブールへ訪れた経験をもとにご紹介します。

     

     

スポンサーリンク

イスタンブールの新市街とは?

イスタンブールの新市街についてご紹介します。

      

イスタンブールはアジアとヨーロッパの2つの大陸にまたがる唯一の都市であり、大きく分けると3つのエリアに分かれています。

       

今回ご紹介する新市街は、旧市街やアジアサイドの他のエリアに比べて、ヨーロッパ色をより感じることができるエリアです。

トルコの歴史を感じさせる雰囲気である旧市街に対して、新市街は地元の若者が遊びに行くような都会的な町といえるでしょう。   

      

もちろん、イスタンブール観光には欠かせないスポットもあります。

新市街での観光に必要な日数は?
          → しっかりとスケジュールを組めば、1日で周ることが可能!

          

また、外資系の高級ホテルの多くは新市街に集中しています。  

有名な観光スポットは旧市街の方が多い印象ですが、新市街は宿泊先としても人気のあるエリアです。

      

    

スポンサーリンク

イスタンブールの新市街での滞在

それでは、新市街での滞在の様子をご紹介します。

      

まずご紹介したいのは、新市街のメインストリートである「イスティクラル通り」です。

歩行者天国になっており、洗練されたおしゃれなショップが並んでいます。
赤い路面電車が走っているレトロな光景は、思わずシャッターを切ってしまいます。

        

イスタンブールはカフェ文化の発祥の地であり、新市街にはたくさんのおしゃれなカフェがあります。

    

特に旧市街からガラタ橋を渡った場所に位置する「カラキョイ」は、 カフェの激戦区として注目のおしゃれスポットです。

カフェ好きにはたまらないエリアで、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

        

豪華で美しい「ドルマバフチェ宮殿」

新市街で人気の観光スポットいえば「ドルマバフチェ宮殿」です。

旧市街にある「トプカプ宮殿」に代わって、オスマン帝国の王宮として栄えた場所です。

     

とても豪華で、美しい白い宮殿です。
内部も見学することができ、ゴージャスなバカラのシャンデリアが見どころです。

       

細部まで美しい造りです。
外観はまるでヨーロッパの宮殿のようです。

       

ドルマバフチェ宮殿

■住所:Visnezade Mahallesi | Dolmabahce Cd, Istanbul 34357, Turkey
■営業時間:9:00~16:00 ※定休日:月曜日
■入場料:セラムルック:60トルコリラ / ハレム:40トルコリラ

新市街の中心「タクシム広場」

新市街で人の集まる場所といえばこちらでしょう。

町の中心部にある「タクシム広場」です。

     

新市街のメインストリートである「イスティクラル通り」に通じています。

     

タクシム広場

■住所:Taksim Meydani, Istanbul, Turkey

    

▼ トルコ旅行であると便利なアイテムはこちら!

新市街のシンボル「ガラタ塔」

新市街のランドマークといえば「ガラタ塔」です。

      

どこから見ても存在感のある建物です。
塔の周辺にはたくさんの土産店や飲食店があり、常に賑わっているスポットといえるでしょう。

実際に登ることができ、イスタンブールの絶景を眺めることができます。
混雑していることが多いですが、特に夕暮れ時は美しいサンセットを楽しめます。

      

ガラタ塔

■住所:Buyuk Hendek Cad. 2, Istanbul, Turkey
■営業時間:9:00~20:30
■入場料:35トルコリラ

       

      

また、ゆっくりとお買い物を楽しむならショッピングモールもおすすめです。

新市街にはいくつかの近代的なショッピングモールがあります。

Levent(レヴェント)駅にあるKanyon(カンヨン)は駅直結ということもあり、お天気が悪い日にも楽しむことができるスポットです。

      

大型のショッピングモールなのでカフェやレストラン・フードコートが充実しており、トルコブランドの製品やお土産品を購入することができます。

観光客だけではなく、地元の人々にも人気のスポットです。

         

以上、「イスタンブール新市街の様子」をご紹介いたしました。

         

    

   

新市街は旧市街とは異なる魅力を感じさせてくれるエリアです。

それぞれのエリアに訪れることによって、より有意義な滞在となることでしょう。

     

イスタンブールへ訪れる際は、ぜひご参考ください。

       

          

タイトルとURLをコピーしました