PR

【トルコ】魅惑の町イスタンブールの旧市街を訪れる【観光/営業時間】

中東
スポンサーリンク

※各施設の入場料や営業時間は、記載の内容より変更が生じている場合もあります。公式HP等で最新の情報をご確認ください。

   

トルコ最大の都市であるイスタンブール。

イスタンブールには新市街やアジアサイドなどのエリアがありますが、ヨーロッパ側に位置する旧市街は歴史ある街並みが魅力的で世界中から観光客が訪れる人気のエリアです。

     

今回は「トルコ・イスタンブールへ訪れる予定の方」に向けて、記事を作成しました。

   

▼ こちらの記事

イスタンブールの旧市街の様子
・旧市街の観光スポット【アヤソフィア・ブルーモスク】

     

旧市街は観光にグルメ、ショッピングなどさまざまなことを楽しむことができる町です。

世界一周の際、イスタンブールへ訪れた経験をもとにご紹介します。

      

    

スポンサーリンク

イスタンブールの旧市街とは?

イスタンブールの旧市街についてご紹介します。

       

イスタンブールはアジアとヨーロッパの2つの大陸にまたがる唯一の都市であり、大きく分けると3つのエリアに分かれています。

イスタンブールの3エリアとは?
     → ヨーロッパ大陸側:新市街・旧市街  /  アジア大陸側:アジアサイド

この3つのエリアの中でも、旧市街は世界遺産に登録されている歴史ある町として知られています。

   

       

有名な観光スポットも旧市街に多くあるので、観光メインでイスタンブールを訪れる場合は旧市街での滞在がおすすめです。

同じヨーロッパ大陸側でも近代的な建物の多い新市街に比べて、トルコらしさを感じる活気のある様子を感じることができるでしょう。

     

      

スポンサーリンク

イスタンブールの旧市街での滞在

それでは、旧市街での滞在の様子をご紹介します。

     

旧市街は歩いているだけでトルコらしさを感じることができる町です。

一見ヨーロッパ調の建物が多いですが、オスマン帝国時代を感じさせる情緒ある建造物も残っています。

       

街中では、色とりどりのカラーが可愛らしいスイーツ店を見かけました。
ついつい、手を伸ばしたくなります。

見応え抜群な「アヤソフィア」

旧市街の中でも人気の高い観光スポットである「アヤソフィア博物館」です。

さすがの人気っぷりで、チケット売り場はとても混んでいます。

     

素敵な外観です。
ヨーロッパの建物のような造りです。

   

内部の様子です。

迫力があって、見応えがあります。

    

アヤソフィアは現在は博物館ですが、キリスト教会、ローマ・カトリック教会、イスラム教のモスクと、さまざまな宗教の聖地へと変化していった場所です。

       

アヤソフィア博物館

■住所:Ayasofya Square, Sultanahmet, Istanbul 34122, Turkey
■営業時間:4/15〜10/30:09:00~19:00 / 11/1〜4/14:09:00~17:00 
■定休日:月曜日
■入場料:60トルコリラ

ちょっと一息「スルタンアフメット広場」

アヤソフィアとブルーモスクの間に位置する噴水のある広場です。

特にお天気の良い日はおすすめです。
ベンチもあるので、のんびりと過ごしている人も多い憩いの場です。

    

運が良ければ、音楽隊に遭遇できるかもしれません。
アジアではなかなか見かけない光景で新鮮です。

    

広場には食べ物のワゴンがあって、ホットドッグなどが販売されています。

          

価格も安くて、小腹が空いたら気軽に食べることができるのも嬉しいです。
このようなちょっとしたものが、とても美味しかったりするのです。

      

こちらの広場では、日本語を話せるトルコ人に話しかけられることがあります。

良い人もいますが、良からぬことを考えている人もいるので気をつけましょう。

      

▼ トルコ旅行であると便利なアイテムはこちら!

美しい青に魅了される「ブルーモスク」

旧市街のシンボル的な存在でもある「ブルーモスク」こと、スルタンアフメト・モスクです。

   

観光客だけではなく地元の人々も訪れるので、とても賑わっています。
旧市街のシンボル的な存在でもあるので、イスタンブールを訪れたら欠かせないスポットです。

      

ブルーモスクは服装の規定があります。
肌を露出した服装は、避けた方が良いでしょう。

髪の毛を隠すスカーフや、肌を隠すスカートの貸出も行っていました。

    

内部の様子です。

美しブルーのタイルが印象的です。
ステンドグラスも綺麗で、つい見惚れてしまいます。

    

イスタンブールの町中では、ブルーモスクのタイルのようなデザインのお皿も販売しています。
とても可愛らしくて、インテリア好きにもおすすめです。

      

スルタンアフメト・モスク

■住所:Sultanahmet Mah At Meydani Cad No 7, Istanbul 34122, Turkey
■営業時間:08:30〜11:30/13:00〜14:30 /15:30〜16:45
■入場料:無料
※営業時間は、時期によって異なってきます。

掘り出し物を見つけよう「グランドバザール」

旧市街でのお買い物といえば、グランドバザールです。

お土産品を購入するのはもちろん、イスラムの独特な雰囲気を感じることもできます。
お散歩がてら、ウィンドウショッピングしてみるのも良いでしょう。

       

キーホルダーや食器、インテリア小物などさまざまなものが販売されています。
個人的には、トルコランプが特におすすめです。

       

グランドバザール

■住所:Kapali Carsi, Beyazit to Eminonu Habour,34126 Istanbul 34122, Turkey
■営業時間:8:30~19:00
■定休日:日曜日・祝日

      

       

以上、「イスタンブール旧市街での滞在の様子」を紹介いたしました。

       

      

旧市街は町並みはヨーロッパに近いですが、観光客にも気さくに話しかけてくるような活気のある町です。

西洋と東洋の両方の良い部分を兼ね備えている印象を受けました。

       

トルコへ訪れる際は、ぜひご参考ください。

       

      

タイトルとURLをコピーしました