【チェコ】プラハのおすすめ観光スポット10選

ヨーロッパ
スポンサーリンク

   

チェコ共和国最大の都市で首都であるプラハ。

    

ヨーロッパの中央部に位置する古都プラハは深い歴史を持ち、世界で一番美しい町と言われるほど魅力的な場所です。

   

   

今回は「チェコ・プラハに初めて訪れる方」に向けて、記事を作成しました。

  

▼ こちらの記事

・プラハ観光について【所要日数・注意点(物価・交通手段・治安)】
・チェコ プラハのおすすめ観光地

    

    

世界遺産に登録されている「プラハ歴史地区」は、おとぎ話の世界から飛び出してきたような街並みです。

    

チェコ・プラハに渡航予定の方はご参考ください。

    

    

スポンサーリンク

プラハ観光について

まずは、プラハ観光についての注意点をご紹介します。

観光に必要な日数

日本からプラハを訪れる場合、現在のところ直行便の運航がありません。

乗継便の利用で、最低でも16時間以上は要します。

    

日本との時差は8時間(サマータイム実施時は7時間)です。

フライト時間も長いので、身体への負担も考慮した上でスケジュールを組みましょう。

     


     

      

    

     

プラハ観光には、どれぐらいの日数が必要なのでしょうか。

プラハ観光に必要な日数は?            
             → 中心部のみの観光であれば最短で2日!

     

コンパクトな町であるプラハは、観光スポットも中心地に集中しています。

滞在時間が短い場合でも、有名なスポットであれば1日~2日で周ることができるでしょう。

      

     

また、世界遺産の町である「チェスキークルムロフ」へは、プラハから3時間ほどで行くことができます。

スケジュールに余裕があれば、プラハから日帰りで行くことも可能なのでおすすめです。

       

      

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

       

観光する際の注意点【物価・交通手段・治安】

ヨーロッパの中でもチェコを含めた中欧は、物価が比較的安い印象を受けました。

チェコの首都であるプラハは郊外に比べて少し高めではありますが、それでも他の大都市に比べて宿泊代やレストランでの食事代は安く抑えることができました。

       

     

プラハ観光する際に便利な交通手段です。

■鉄道
■地下鉄:Metro v Praze(3路線)A線・B線・C
■路面電車:トラム(34路線)
■バス

        

地下鉄・バス・トラムの切符は共通で、1日券や3日券など乗り放題のフリーパスもあります。

フリーパスは格安なので、地下鉄やトラムは観光する際に活用することをおすすめします。

    

鉄道は「チェスキークルムロフ」などの郊外へ行く際に、バスは市内から空港や郊外に行く際に便利です。

       

      

また、治安に関しては比較的良い印象を受けました。

しかし、人気観光スポットには多くの人が集まるので、スリや置き引きに注意しましょう。

     

スポンサーリンク

プラハのおすすめ観光スポット

プラハのおすすめの「人気観光スポット」をご紹介します。

プラハ城

プラハのシンボル的な存在である古城です。
丘の上に建つプラハ城は9世紀に建設が始まり、世界で最も大きく古い城の一つとしてギネスブックに認定されています。
広大な敷地内には宮殿や大聖堂などの建築物のほか、博物館や美術館など多数の見どころがあります。
外観の見学は無料ですが、王宮や教会の内部を見学する場合はチケットの購入が必要です。

■名称:Prague Castle(Pražský Hrad)
■営業時間:夏季(4〜10月)/5:00〜24:00
      冬季(11〜3月)/6:00〜23:00  
      ※施設により異なる
■入場料:Circuit A(ロングツアー)/350CZK
     Circuit B(ショートツアー)/250CZK
     ※上記以外にもチケット種別あり。公式サイト参照
■住所:Prague Castle, Prazsky Hrad, 11908 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:トラム「Pražský hrad」停留所から徒歩約3分
      地下鉄A線「Malostranská」駅から徒歩約15分
■公式サイト:https://web.archive.org/web/20150210105516/http://www.hrad.cz/en/prazsky_hrad/navsteva_hradu.shtml

    

聖ヴィート大聖堂

プラハ城の敷地内部にある大聖堂です。
14世紀から約600年の歳月をかけて建設されたゴシック建築の代表例であり、チェコ国内で最も大きく重要と言われている教会です。
アールヌーヴォーの巨匠であるアルフォンス・ムハが描いたステンドグラスは必見です。
ミサが行われる日曜の午前中は入場不可です。

■名称: St. Vitus Cathedral(Katedrála svatého Víta)
■営業時間:9:00~17:00 ※日曜:12:00~
■入場料:プラハ城公式サイト参照
■住所:Prague Castle, Prazsky Hrad, 11908 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:プラハ城敷地内

     

カレル橋

ヴルタヴァ(モルダウ)川に架かるプラハ最古の石橋です。
旧市街のある東側の地区と西側の地区を結ぶために1402年に建設されました。
全長約520m、幅9.5mの橋の両側の欄干には合計30体の聖人像が並んでいます。
歩行者天国になっている橋の上には大道芸人や絵描きがいて、多くの人で賑わっています。

■名称:Charles Bridge(Karlův most)
■営業時間:24時間
(※橋塔:4〜9月/10:00〜22:00 3・10月/10:00〜20:00 11〜2月/10:00〜18:00)
■入場料:無料(※橋塔への入場:大人100CZK)
■住所:Karlův most, 110 00 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄A線「Staroměstská駅」から徒歩約5分

    

旧市街広場

プラハ旧市街の中心に位置する広場です。
広場の周辺には教会や宮殿などが並んでおり、ゴシック、バロック、ルネサンスなど様々な様式の建築物が混在していることが特徴です。
広場の中央にはチェコ人から英雄と称えられている「ヤン・フス」の銅像があります。

■名称:Old Town Square(Staroměstské náměstí)
■営業時間:24時間
■入場料:無料
■住所:Staromestske namesti, Stare Mesto Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄A線「Staroměstská駅」から徒歩約4分。

    

旧市庁舎・天文時計塔

旧市街広場の南西に位置する1338年に創立された歴史的な建築物。
ゴシック様式の高さ約70mの複合建築物で、展望台からは旧市街の美しい町並みを一望できます。
市庁舎のファザードにあるシンボル的な存在の天文時計は、時間を表すプラネタリウムと季節を表すカレンダリウムで構成されています。
キリストの12使徒が登場する天文時計のからくり人形ショーは、9時~23時の正時に行われています。

■名称: Tower of Old Town Hall Praha(Staroměstská radnice・ Pražský orloj)
■営業時間(天文時計):火〜日/9:00〜22:00・月/11:00~22:00 
            ※旧市庁舎は19:00まで
■入場料:旧市庁舎/大人250CZK・時計塔/大人130CZK
■住所:Staromestske namesti 1, 110 00 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄A線「Staroměstská」駅から徒歩約5分
■公式サイト: https://www.prague.eu/ja/object/places/188/staromestska-radnice-s-orlojem?back=1

   

ティーン教会

旧市街広場の東側に位置する高さ80mの2つの尖塔が特徴的な教会。
14世紀半ばから16世紀初頭に建設され、ゴシック様式の外観には彫刻が施されています。
ルネサンス様式の装飾やバロック様式の内装、プラハ最古のパイプオルガンが見どころです。
フス派プロテスタントの拠点地でしたが、敗北によりローマカトリックの教会に変わりました。

■名称:Church of Our Lady before Tyn(Týnský chrám)
■営業時間:火~土/10:00〜13:00・15:00〜17:00 ※定休日:日月
■入場料:無料(寄付推奨:25CZK)
■住所: Staroměstské nám., 110 00 Staré Město, 110 00 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄A線「Staroměstská」駅から徒歩約5分
■公式サイト:http://www.tyn.cz/

     

ミフルカ火薬塔

旧市街の入口にある高さ65mのゴシック様式の城門。
15世紀に建設され、17世紀に火薬の保管庫として使用されていたことが名前の由来です。
現在の内部はギャラリーとして公開されており、彫像などが展示されています。
最上階からは旧市街の街並みや、旧市街の外側の景色を楽しむことができます。

■名称:Mihulka Powder Tower(Prašná brána)
■営業時間:11〜2月/10:00〜18:00
      3・10月/10:00〜20:00
      4〜9月/10:00〜22:00
■入場料:100CZK
■住所: Vikářská 38, Hradčany, 119 00 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄B線「Náměstí Republiky駅」から徒歩約3分
■公式サイト:https://www.prague.eu/ja/object/places/342/prazsky-hrad-prasna-vez-mihulka

      

プラハ市民会館

火薬塔の側に位置するアールヌーヴォ様式のホールです。
クラシックコンサートやバレエ公演など、様々なイベントが行われています。
プラハの春国際音楽祭のメイン会場であるスメタナ・ホールは、映画「のだめカンタービレ」のロケ地としても知られています。

■名称:Municipal House(Obecní dům )
■営業時間:10:00〜20:00
■入場料:ガイドツアー代/大人200CZK
■住所:nám. Republiky 5, 111 21 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄B線「Náměstí Republiky駅」から徒歩約3分
■公式サイト:http://www.obecnidum.cz/en/

      

ヴァーツラフ広場

新市街の中心に位置するプラハを代表する繁華街。
かつては馬市場だったこの広場は長さ750m、幅60mの大通りのような場所です。
プラハのシャンゼリゼ通りと言われるほど賑やかな場所で、ショッピングやグルメなどを楽しむことができます。

■名称:Wenceslas Square(Václavské náměstí)
■営業時間:24時間
■入場料:無料
■住所:Václavské nám., 110 00 Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄A・B線「Mustek駅」から徒歩約3分

      

プラハ国立博物館

新市街地区にあるチェコ国内最大規模の総合博物館。
1818年に開館され、ボヘミア地域の歴史物など約1,400万点のコレクションが収蔵されています。
人気映画「ミッション・インポッシブル」のロケ地としても知られています。
建物内部は全面改装され、 2018年10月にリニューアルオープンしています。

■名称:National Museum(Národní muzeum)
■営業時間:10:00~18:00
■入場料:大人250CZK
■住所:Václavské nám. 68, 110 00 Nové Město, Praha 1, Czech Republic
■アクセス:地下鉄A・C線「Muzeum駅」から徒歩約1分
■公式サイト:https://www.nm.cz/en

     

     

      

       

以上、「チェコ・プラハのおすすめ観光スポット」についてご紹介させて頂きました。

       

    

     

▼ 海外旅行の際に便利なポケットWi-Fiをレンタル!

       

      

      

プラハを訪れる際はぜひご参考ください。

     

      

       

       

タイトルとURLをコピーしました