【タイ】チェンマイの首長族に会いに行く方法

アジア
スポンサーリンク

 

東南アジアのタイの北部には、多くの少数民族や山岳民族の人々が住んでいます。

 

タイ第2の都市であるチェンマイの郊外にも、首長族の村があります。

首長族といえばミャンマーのイメージが強いかと思いますが、チェンマイの中心地から車で30分ほどで行くことができます。

  

今回は、首長族カレン族の村の一つである「Long Neck Karen Village」への行き方や、実際に行ってみた様子をご紹介します。

 

スポンサーリンク

首長族とは

首長族とは、ミャンマーとタイで生活している少数民族の一つです。
総人口は3万~4万人と言われていますが、実数は判明していないようです。

一般的に、日本では「首長族」、海外では「Long Neck people」と称されることが多いです。

  

名前の通り、女性は首にリングをはめて長く見せる風習があります。
一方で、男性は一般人と変わらない見た目です。

  

首長族に会いたい場合、タイとミャンマーとの国境近くにあるメーホンソンという町から、ツアーを利用して首長族の村に行く方法が一般的です。

ですが、政府が支援している観光客向けのカレン族の村がチェンマイの郊外にあり、観光客も訪れやすいと注目されています。

     

スポンサーリンク

首長族の村「Long Neck Karen Village」

チェンマイの郊外にあるので、チェンマイ滞在中に行くことが可能です。

 

タイで生活している首長族の多くは、ミャンマーから移り住んできたり、タイ政府の支援を受けて、このような「観光村」で生活をしている人々もいます。

  

「Long Neck Karen Village」も観光客向けに作られた観光村なので、村内のほとんどのエリアで土産品が販売されています。

また、近くには「メーサーエレファントキャンプ」「タイガーキングダム」などもあり、併せて観光するのもおすすめです。

施設詳細

■営業時間:9:00〜18:00
■入場料:500バーツ(約1,700円)
■住所:Unnamed Road, Tambon Mae Raem, Amphoe Mae Rim, Chang Wat Chiang Mai 50180, Thailand

観光所要時間

30分~1時間前後

小さな村なので、ぐるっと周るだけなら30分足らずで見学することができるでしょう。

行き方

チェンマイには、電車が通っておりません。
「Long Neck Karen Village」まで行く路線バスなどもないので、行く場合は下記のような方法になります。

ツアーに参加する

最も一般的な方法です。
旅行会社が主催している現地ツアーや、WEBから申込が可能なツアーがあります。

ホテル送迎が付いているプランがほとんどなので、旅に慣れていない方にも安心です。
ツアーの多くは、首長族の村だけでなく近くにあるメーサーエレファントキャンプなどが含まれています。

日本語ガイド付きのツアーもあるので、説明を聞きながら観光したい方におすすめです。

タクシーで行く

首長族の村へは、チェンマイの中心地から車で30分~40分ほどです。
村でタクシーを見つけるのは難しいので、基本的に往復でチャーターします。

料金は交渉制です。
私は流しのタクシーに交渉して、ニマンヘミンから首長族の村まで往復で500バーツでした。

ソンテオ・トゥクトゥクで行く

ソンテオとトゥクトゥクも、タクシー同様に往復チャーターをした方が良いでしょう。
料金も交渉制です。

 山道なので、乗り心地は良いとは言えないでしょう。 

バイクをレンタルする

チェンマイ市街地でレンタルが可能です。

片道で1時間半ほどです。
体力に自信のある方は、挑戦してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

首長族の村「Long Neck Karen Village」の様子

実際に「Long Neck Karen Village」を訪れた際の様子を、ご紹介します。

※2018年9月に行った際の様子です。

  

入口で入場料500バーツを現金で支払い、村の中へ入ります。

まずは、山岳民族であるアカ族の土産屋が並んでいます。
奥に進んでいくと、首長族であるカレン族のエリアに入ります。

カヤブキの屋根が並んでいます。
作業している人や、お昼寝している人など様々です。

  

雑貨や首長族がつけているリングなど、たくさんの土産品が販売されています。
価格は安くはないと感じましたが、首長族の人々の手作りの品物も多いようです。

  

ストールや服などの、衣類も販売されています。

   

テレビでも見かけたことのある、首長族の女性です。

   

首のリングは、子供の頃から付けているようです。

   

温かく笑いかけてくれました。

   

観光客が多いからか、簡単な英語は通じるようでした。
土産品を購入した際に、写真を撮らせてもらいました。

   

首長族の人々は、写真撮影には気軽に応じてくれます。
子供たちも慣れた様子で、すぐにポージングしてくれました。

観光村として入場料を設定して、観光客を迎い入れているとはいえ、少し複雑な気持ちになります。
この子たちにとっては、この環境が日常なんだなと。

   

テレビや旅行雑誌見るだけでは分からない、リアルを感じることができました。

  

自分自身の目で見て、感じてほしいと思った場所でした。

    

       

タイトルとURLをコピーしました