【バルセロナ】世界遺産!ガウディ建築・グエル公園の見どころ【行き方・チケット】

ヨーロッパ
スポンサーリンク

    

カラフルなモザイクタイルのベンチ、巨大なトカゲ像などが特徴のバルセロナのグエル公園。

魅力的な観光スポットが充実しているバルセロナですが、「アントニオ・ガウディの建築作品」は特に人気の高いスポットです。

     

今回はガウディ建築の一つである「グエル公園(Parc Güell)」について記事を作成しました。

    

▼ こちらの記事

・バルセロナ グエル公園の基本情報
 【営業時間・チケット料金・予約方法・アクセス方法】
・グエル公園での見学の様子【見どころ/トカゲ・お菓子の家】

      

バルセロナには多くのガウディの建築作品がありますが、グエル公園は実際にガウディが暮らしていた場所でもあります。

世界一周の際に、バルセロナを訪れた経験をもとにご紹介します。

    

       

スポンサーリンク

グエル公園の基本情報

グエル公園の基本情報をご紹介します。

グエル公園の歴史

アントニオ・ガウディが手掛けた建築作品として知られている公園で、 1900年~1914年に建設されました。

グエル公園は1984年に「アントニオ・ガウディの作品群」の一つとして、
                       ユネスコ世界遺産に登録されています。

      

現在はグエル公園という名称で一般公開されていますが、元々はカウディの後援者である実業家のエウゼビ・グエル氏が住宅街を作ろうと考えてガウディに依頼した経緯があります。

分譲住宅として60軒を売り出す計画でしたが、当時売れたのはグエル家とガウディ家が購入した2軒のみだったと言われています。

最終的にグエル伯爵没後に工事は中断となり、その後は市に寄付されて現在の状況に至っています。

          

営業時間

2021年11月現在のグエル公園の営業時間です。
■9:30~19:30

        

コロナ禍に入る前の営業時間もご参考ください。

グエル公園 営業時間

■3月29日〜4月26日/8:30〜19:30
■4月27日〜8月23日/7:30〜20:30
■8月24日〜10月24日/8:00〜19:30
■10月25日~2月14日/8:30~17:30
■2月15日〜3月28日/8:30〜18:00

       

最新のスケジュールは、グエル公園の公式サイトでご確認ください。
■グエル公園 公式サイト

また、以前は営業時間外に観光客も無料での入場が可能でしたが、現在は入場不可です。

      

チケット料金・予約方法

グエル公園のチケット料金です。(自由見学/1名あたり)

区分料金
一般10ユーロ
7~12歳7ユーロ
66歳以上7ユーロ
6歳以下無料

※別途ガイド付チケットあり。

         

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

アクセス方法(住所・最寄駅・地図)

グエル公園へのアクセス情報です。

■住所:Carrer d’Olot, 5, 08024 Barcelona, Spain
■最寄駅:地下鉄L3線「Lesseps駅」または「Vallcarca駅」から徒歩約20分
■周辺スポットからの距離:サグラダ・ファミリアから徒歩約30分

    

【MAP】

         

グエル公園は住宅街を予定して建設された場所ということもあり、見晴らしの良い小高い丘の上に位置しています。

最寄り駅からの距離もあるので、訪れる際は歩きやすい靴の着用をおすすめします。

       

     

スポンサーリンク

グエル公園での見学の様子

実際に見学した「グエル公園」の様子をご紹介します。

    

丘の上に到着すると、「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家をイメージしてデザインされたと言われている建物が目に入ってきます。

この場所が正門で、入り口は正門から右手に数分歩いた場所にあります。

     

エントランスを抜けると大きな階段があり、その階段にグエル公園の見どころの一つがあります。

     

グエル公園のシンボル的な存在の「大トカゲの像」です。

        

全長2.4メートルもあり、カラフルなモザイク柄が特徴です。

    

大階段を上ると雰囲気が変わり、柱が連なったエリアに入ります。
こちらは市場の開催場所として予定していたホールです。

       

共有スペースの「波型のベンチ」も、カラフルなモザイク模様が魅力的です。

    

バルセロナの街並みを一望できます。

           

          

以上、「バルセロナのグエル公園」についてご紹介しました。

     

       

    

        

        

グエル公園は子供心を思い出せさてくれるようなデザインが多く、見ていてワクワクするような場所でした。

もし自分自身が住宅としてこの場所に住んでしたら、いるだけで元気を貰えていただろうと感じました。

      

住宅街を造るというグエル伯爵とガウディの夢は叶わなかったものも、時を経て多くの観光客から注目されるスポットになったのは感慨深いものがあります。

        

         

バルセロナを訪れる際はぜひご参考ください。

     

     

     

      

タイトルとURLをコピーしました