世界を旅して思うこと【ミャンマー編】

TRAVEL ESSAY
スポンサーリンク

  

東南アジア最後の秘境とも呼ばれる国ミャンマー。

 

世界三大仏教遺跡の一つでもある「バガン遺跡」などが有名で、2018年10月から試行期間として、日本人はビザ免除になったこともあり、より訪れやすく身近な国となりました。

  

今は目の前にあるこの光景も、数年後は見ることができないかもしれない。
「変わっていく瞬間」を感じることができる。そんな国でした。

   

今回は、私自身が世界一周の旅を通して「ミャンマー」で感じたことを綴りました。

 

スポンサーリンク

なぜ、ミャンマーに行くのか

世界一周の際、事前にフライトを予約している国を除いて、私は基本的に現地でルートを決めて移動していました。

   

ミャンマーに関しては、バンコク滞在時にヤンゴンまでLCCを利用すると、お得な価格で行けることが分かったからです。

バンコクのスネークファームで予防接種をしており、次の接種日まで日数があった私は、思いたってミャンマーへの渡航を決めました。

出発前のイメージ

訪れる前のミャンマーのイメージは、ざっくりいうとこのような感じです。

  

■首長族

子供の頃にテレビで見た首長族。
ミャンマーで生活しているというのを、何となく覚えていた。
(今回の世界一周では、タイのチェンマイ滞在中に首長族の村に訪れることができました。)

   

■栄えてはいなさそう

正直、都会というイメージはない。
というか、治安やインフラの面についても不安は大きめ。

   

スポンサーリンク

ミャンマーで感じたこと

今回、訪れたのは「ヤンゴン」のみですが、私が旅をしてミャンマーで感じたことを感じたままに綴ります。

第一印象

ミャンマー最大の都市である「ヤンゴン」に初めて降りたった。
思っていたよりも賑わっていたが、先進国の都会とは違い、なんというかまだ洗練されていない都会だと思った。

決してキレイとは言えないが、日本では見ることができない町並み。

   

ダウンタウンの町並みの中に溶け込む「スーレー・パゴダ」
仏教がミャンマーの人々の生活の中に、自然に寄り添っていることを感じました。

滞在を通して

まず、私が驚いたのが「道路の渡り方」。

ヤンゴンは車の交通量が多い。その割には信号の数は少ないように感じました。
信号のない道を渡ることも多くて、初めのうちは道を渡るにも一苦労

  

地元の人たちは、止まっていない車の間をタイミングを計りながら、上手に渡っていく。

他の東南アジアの国も、同じような状況の場所はあるけど、ヤンゴンは車のスピードも出ている印象。

   

ミャンマーを出国するころには、道路を渡ることに対しての積極性が強くなっていたと思う。
このスキルは、東南アジアでは割と必要な気がする。

    

                 

■素朴な町並みに現れる最先端

ヤンゴンの町にいくつかある、大型のショッピングモール。

宿の近くだったこともあり、何度か通ったのが「Junction City」。
高級感に溢れている店内は、銀座のデパートかと思うほどのモダンなインテリアに、おしゃれなカフェやアパレルが立ち並んでいる。

  

周りの町並みとのギャップが激しくて、とても驚きました。

「ここはさっきまでいた町と同じなのか」と思うほど。

   

ここで買い物をしたり、食事をする人のほとんどは観光客だと思う。

でも、冷房がガンガンに効いているので、地元の人々にとっては、暑さをしのげる場所としては最適なのかもしれない。

1階の座れるスペースは常に埋まっていて、たくさんの人々が涼みに来ている印象でした。

   

■顔に塗っているのは何!?

町で見かける、顔に何か塗っている人々。

「タナカ」と呼ばれるミャンマーの伝統的な化粧品で、日焼け止めの効果があるらしい。
小さな子供も使用していたので、きっと肌には優しいのだと思う。

塗り方が独特なのも、なんだか可愛らしい。

   

■道路の隅で見かける謎の赤色

ヤンゴンの町中を歩いていると、道路の隅が一部分だけ赤くなっている
初めは、「えっ!血!?」と思うが、それにしても何度も見かける。

そして、決定的瞬間。
街で見かけた人が唾をパッと吐き捨てた場所が赤くなっている。

一体これは何なんだと調べてみると、「キンマ」と呼ばれる噛む嗜好品らしい。

   

ミャンマーでは人気らしく、ガムのように噛んで唾を吐き捨てるため、道のあちらこちらが赤くなっているのです。

日本には無い文化に驚く。
あの色だと、歯にだいぶ着色しそうな気がする。ホワイトニング必須だ。

  

   

素朴な町並みに、新しいものを取り入れ始めているヤンゴン。

   

これから先、さらに変わっていくであろう雰囲気を強く感じた。
きっと数年の間で、大きく変わっていくと思う。

ミャンマーに興味のある方は、いま見ることができる光景を見逃さないために、早めに渡航の検討をすることを、おすすめしたい。

   

ミャンマーは、経済成長の過程「変化」を最もリアルに感じることができる、東南アジアの国なのだと思う。

   

  

タイトルとURLをコピーしました