【タイ】バンコクで日本食「沖縄食堂 金城」

アジア
スポンサーリンク

 

海外に長期滞在していると、誰もが一度は日本食が恋しくなる瞬間があると思います。

 

私は沖縄出身ということもあり、和食の中でも特に、沖縄料理を思い浮かべてしまいます。

 

タイのバンコクで、日本人街とも呼ばれている「スクンビットエリア」にある沖縄料理店を訪れました。

耳に優しい沖縄民謡が流れる店内は、まるで沖縄にいるような感覚になります。
初めて訪れましたが、ほっと安心できるような場所でした。

  

今回は、バンコクにある沖縄料理店「沖縄食堂 金城」についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

沖縄食堂 金城

「沖縄食堂 金城」があるプラカノン駅周辺は、屋台や露店が並ぶ昔ながらの町並みと、アートやカルチャーを楽しめる、新旧が混在したエリアとして注目されています。

 

また、お店では沖縄の歌手が出演するイベント等も開催しています。

毎週水曜日は「泡盛の日」を実地しており、泡盛カクテルを半額、泡盛徳利120mlをお手頃価格で提供しているそうです。

 

イベント情報などの詳細は、お店の公式ホームページをご確認ください。

公式ホームページ

 

 

アクセス方法

■住所:24/1 Sukhumvit Soi 69, Pra Kanong Bangkok Thailand
■電話番号:089-047-1456(携帯※日本語可)/ 02-711-0536(店舗)
■最寄り駅:BTSプラカノン駅より徒歩約4分

営業時間

■平日:11:30~14:30 / 17:00~24:00
■土日:11:30~24:00

※ラストオーダー:23:00
※定休日なし(タイ祝日は要確認)

メニュー

沖縄そばやタコライス、ゴーヤーチャンプルーなどの定番の沖縄料理が豊富にあります。

定食メニューもあるので、ランチにもぴったりです。

私は、タイ産のゴーヤを使用した「タイゴーヤチャンプルー定食」を注文しました。
日本産のゴーヤと違って、表面のイボがない淡いグリーンで、新鮮でした。

 

メニューはタイ語以外にも、日本語や英語の表記があるので安心です。
沖縄料理についての詳しい説明書きもあり、外国人にも沖縄料理を伝えたいという思いが伝わってきます。

 

私はランチで訪れましたが、次回は夜にも訪問してみたいと思います。

2階や3階にはお座敷もあるようなので、大人数で利用するのも良いかもしれません。

 

スクンビットエリアには、他にも様々な日本料理店があります。

バンコクに長期滞在中の方や、日本食が恋しくなっている方は、ぜひ訪問してみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました