ダンブッラから世界遺産シギリヤロックへ【スリランカ】

アジア
スポンサーリンク

    

インド洋に浮かぶ島国スリランカ。

   

スリランカ観光のハイライトともいえる、世界遺産シギリヤロック

シギリヤロックは「天空の宮殿」とも呼ばれており、スリランカに訪れたらぜひ行ってほしいスポットです。

   

私は世界一周中に、宿泊していたダンブッラからシギリヤロックへ向かいました。

今回は、ダンブッラかシギリヤロックへの移動方法をお探しの方に向けて、記事を作成しました。

   

私が実際に利用したバスでの移動方法と、シギリヤロックでの観光の様子をご紹介します。

   

スポンサーリンク

ダンブッラからシギリヤロックへのバス移動方法

ダンブッラからシギリヤロックまでは、バスで移動しました。
宿泊場所から近いので、歩いてバス停に向かいました。

ダンブッラからシギリヤロックまで、バスではなくスリーウィラー(トゥクトゥク)を利用すると、800ルピー(約480円)ぐらいが相場のようです。

     

ダンブッラ~シギリヤロックのバスの詳細です。

■所要時間:約40分
■運賃:50ルピー(約30円)
■運行間隔:30分に1本ぐらい

    

【バス乗り場 地図】

地図の家電量販店の近くから、乗車しました。
いつもバスが止まっているので、分かりやすいかと思います。

近くにあるバスステーションからも、バスは乗車できるようです。

声を掛けてきてくれたバス停近くのお店の方が、どのバスか教えてくれました
どこ行きのバスか、乗務員が大声でアナウンスしているので、分からない場合は乗務員に確認しましょう。

     

シギリヤロックには、約40分後に到着しました。

私の他にも、シギリヤロックへ行く観光客が何人かいました。
この路線を利用している観光客も少なくないようなので、安心です。

      

【シギリヤロック停車場所 地図】

バスはこの辺りで、停車しました。

ダンブッラに戻る際も、この辺りで待っているとバスが来ます。

スポンサーリンク

シギリヤロック観光の様子

シギリヤロックでの観光の様子をご紹介します。

    

2018年9月に訪れた際の様子です。

チケット購入

バスを降りた南側から、チケット売り場のある西側に向かいます。
チケット売り場までは、15分ほど歩きました。

    

チケット売り場に到着して、無事に入場チケットをゲット。

チケットは、30USドルで、ルピーでの支払いも可能です。
ルピーに関しては、レート状況によって変動してくるようです。

    

チケットは3枚つづりです。
上からこちらの順番です。各ポイントを通る際に、スタッフが切り取ってくれます。

■Western Gate(入口のチケット)
■Mirror Wall(シーギリヤレディの壁画のチケット)
■Museum(博物館のチケット)※チケット売り場の南側

     

まずは、こちらの入り口でチケットを提示します。

   

シギリヤロックの全体図です。

    

入り口から見えるシギリヤロックです。
遠くからでも、迫力があって圧倒的な存在感。

     

敷地内には、たくさんのサルがいます。
間近で見ることができるので、テンションが上がりました。

    

いざ、シギリヤロックへ

ここからは、頂上を目指して登ります。
暑い気候の中に流れ込む風が、とても心地よいです。

    

歩きやすい靴はマストですね。
スリランカの観光は歩く頻度が高くて、良い運動になります。

    

自然が溢れる中を歩くので、パワーを貰える気がします。
パワースポットとしても、おすすめの場所です。

    

途中、見下ろした景色。
着実に高くなっていっていることを実感。

    

途中に、女性像が描かれている「シーギリヤ・レディ」もありましたが、そちらは撮影禁止でした。

写真を撮った?欧米人の観光客と、スタッフが揉めていたので、気を付けましょう。
撮影可能だった時期もあるようですね。

      

     

頂上までは、残すところこちらの階段のみ。
下から見ても、迫力満点!岩肌をリアルに感じることができます。

最後の体力を振り絞って、頂上に向かって登ります。

    

頂上に向かう登り口には、ライオンの大きな足がありました。

     

シギリヤロック頂上に到着

最後の階段をひたすら登って。

     

ついに、頂上に到着!!

   

達成感がハンパない!
頂上から見る景色は、最高です!

そして、ここに宮殿があったのかと思うと、なんだか感慨深いです。

    

断崖絶壁!スリル満点!!
柵が途中までしかないし、なんだか危なっかしい。

この角のところで写真を撮りたいけど、さすがに怖くて断念。。
頂上は風も強いので、注意しましょう。

     

スリランカの美しい景色を堪能。
しばらく、頂上でのんびりと休憩しました。

     

登ってみた感想としては、登って本当に良かったと思いました。
入場券は高めですが、実際に登ってみないと、この達成感は味わえませんからね。

スリランカ滞在の、一番の思い出になりました。

    

また、シギリヤロックよりもチケットが安いことから、シギリヤロックからも近い「ピドゥランガラ」も人気があるようです。

シギリヤロックをバックに写真を撮れるようなので、入場券代を節約したい方や、写真を撮りたい方はこちらでも良いかもしれません。

     

シギリヤロック概要    

最後に、シギリヤロックの概要です。

■名称:シギリヤ・ロック(Sigiriya Rock)
■住所:Central Province, Matale District, Sigiriya 21120, Sri Lanka
■営業時間:7:00~16:00
■入場券:30USドル(約3,200円)※ルピーでの支払いも可能
■アクセス:ダンブッラ中心地から、バスで約40分
■観光所要時間の目安:2時間程度

      

      

タイトルとURLをコピーしました